%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%95%B5%EF%BC%9F%2C%20%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%BF%94%E4%BA%8B%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%90%8C%E3%81%98%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E4%BD%95%E5%BA%A6%E3%81%A7%E3%82%82%E5%86%8D%E9%80%81%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9Rebump

人類の敵?, メールの返事が来るまで同じメールを何度でも再送するサービスRebump

メールはたぶん、人生の災難だ。とにかく多すぎるし、毎日しつこくひとのインボックスを勝手に填め尽くす、おばかメールの送り手に対する怒りは、いくら怒りの在庫があっても足りないぐらいだ。

電子メールというシステムが今やぶっ壊れているのは、誰かにメッセージを送るのがあまりにも安易にできて、それへの対応という仕事を相手側に作り出すからだ。相手に代わって何かの仕事をしてくれるわけではない。メールは瞬時にして相手の人生を不幸にし、送る側には費用も痛みも何も発生しない。

今日(こんにち)では、インターネット社会の常識として、メールに返事をしなければ、あなたのメールは返事に値しないと返事をしたことになる。それは実に適切だ! 返事をすべきメールなんてごくわずかだから、メールの総量が減ってくれるともっと好都合だが。

ところが、Rebumpというスタートアップはメールをさらに酷くする方法を見つけた。えっ、どうやって? Rebumpは、メッセージに返事をくれなかった相手に自動的に何度もpingする…もちろんメールで…サービスなのだ。この場合のpingとは、あなたがメールに返事を書き送るまで、何度でも同じメールを送ることだ。

それは、そのメールは読む価値があって返事をする価値があることを、暗に意味している。しかし実際にはほとんどのメールに、上記二つの価値はない。だから要するにRebumpは、返事を強制する受動的で攻撃的な頭の良い方法だ。メールが無視されるという点では受身だが、返事をするまで止(や)まらないという点では攻撃的だ。

同社自身は、サービスの仕組みを下図のように説明している:

Screen Shot 2014-02-28 at 10.50.23 AM

これを見て、ぼくなんか、アタマにきてしまった。

たしかにこれは、確実に効果があるだろう。7回も来たら、それをいいかげん止(や)めさせたいので、ぼくだって返事を書くだろう。たぶん、礼儀正しく、「うせろ!」と書くだろうな。だからRebumpのサービスは、一部の人たちにとっては、とても有益かもしれないが、それがもたらす‘公害’として、ほかの人たちの人生の質を下げる。それは、人間性に対する犯罪だ。

メールに返事が来なければ、相手が今忙しいと思ってあきらめるのがベスト。とても重要な要件なら電話すればよい。こんなサービスを利用したら、相手のインボックスを一層肥大させるだけだから、確実に反感を買う。だから、逆効果だ。Redumpは自己のサービスを“フレンドリーなフォローアップメッセージ”と呼んでいるが、とんでもない。

フレンドリーどころか、Rebumpを使えばフレンドを失う。…と、フレンドリーにご忠告申し上げておきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
『家にいることを感知したらスリープして電池を節約する』はなかなかいいアイデアですね。猫飼ったことない…
Kenshin Fujiwara
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓関西で米国式のアクセラレータを立ち上げみて学んだことh…
Guest
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓http://kenshinfujiwara.com/…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers