%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%8CFello%E3%80%8D%E3%81%8CAppbank%E3%81%A8%E9%80%A3%E6%90%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E7%8B%99%E3%81%84

スマホ向けグロースハックツール「Fello」がAppbankと連携する狙い

140304fello01一昔前までは、スマートフォンアプリでのユーザー増加施策として最も重要だったのはリワード広告を使ってアプリストアのランキングを上げる、いわゆる“ブースト”施策だった。だがストアでのランキングを上昇させるだけでは、ユーザーはアプリを継続して利用してくれない。

そこで重要視されるようになってきたのが、「リリース前の集客」と「インストール後の継続率向上」に向けた施策だ。前者は古くはPC向けのオンラインゲームなどでも使われていた事前告知の手法だ。事前にユーザー登録をすることで限定アイテムを提供して、サービス提供前からユーザーに興味を持ってもらうことができる。

そして後者は、アプリにプッシュ通知、メッセンジャー機能、分析ツールといった機能を盛り込むことで、ユーザーの継続率向上や開発コストの削減を支援する、いわゆるグロースハックツールの出番となる。例えば写真アプリ「my365」で注目を集めたサイバーエージェントグループのシロクは、スマートフォン向けプッシュ通知サービス「GrowthPush」や、3月3日に公開されたばかりのアプリ操作の記録サービス「Growth Replay」など、継続率向上のための各種サービスを展開している。

2013年9月にジャフコから1億円を調達したスタートアップのユニコンが手がける「Fello」もそんな継続率向上支援サービスの1つ。2013年8月のリリースから半年経たずして、ノンプロモーションながら400アプリがSDKを導入。MAU(月間アクセスユーザー)500万人にリーチしているという。

そんな同社が3月4日、iOSアプリのレビューサイト「AppBank」を展開するAppBankと提携して「AppBank Fello」の提供を開始した。利用は無料。

AppBank Felloでは、これまでFelloで提供してきたすべての機能に加えて、AppBankが提供するダウンロード支援サービス「AppBankプラス」を利用できる。AppBankプラスはAppBankのサイト上にアプリを掲載することでアプリのダウンロードを促すというものだ。

ではこの2つのサービスをセットで提供することで、ユニコンとAppbankにはどういったメリットがあるのか? 両社が狙うのは、アプリ向けDMP構築にあるという。今後、SDK導入アプリからユーザーの属性を分析。それをもとに最適なアプリ広告を配信していくのだという。ユニコンでは現時点でこれ以上の詳細を説明してはいないが、早ければ4月にもこの仕組みを導入する予定だという。

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
今はまだ大したことできないようだけど、アプリのページには、「More features…
TD
イベント日にアクティブユーザーが増えるのは想像できるんですが、ダウンロード数が増える(Appstor…
mmgamess
ドラゴンポーカーはアソビモじゃなくてアソビズムですよー
Inetgate
「官廷」は「官邸」のtypoだと思われ