ロシアのハッカー、破綻したMt. Goxのソースコードと顧客データを入手したと主張

次の記事

「リッチなハイヤー体験を誰にでも」Uberがついに東京で正式ローンチ、日本上陸のキーマンに勝算を聞く

これからBitcoinの取引所を開設しようと考えているデベロッパーはここを見るとよい。取引システムのソースコードが公開されている。少なくともnanashi_と名乗るロシアのハッカーはそう主張している。このコードは先日破綻した東京のBitcoin取引所、Mt. Goxのものだという。

このソースコードはMt. GoxのBitcoinクラスやBitcoinのユニットの送受のメソッドなどのの定義を含んでいる。Hacker Newsはこの一部はCEOのMagicaTuxことMark Karpelesが書いたもの(そして極めて質の悪いプログラム)だと考えている。

コードの全文はこちらでもこちらでも公開されている。 このハッカーは20GB分の顧客情報、Mt. Gox社員のパスポートのスキャン、連絡先情報も得たと主張している。ハッカーのIRCログ

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在230人フォロワーがいます。