%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%8C%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AB1%E3%81%8B%E6%9C%88%EF%BD%9E5%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%81%AB%E5%B1%8A%E3%81%8FThrowback%2C%20%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%BF%83%E3%81%AE%E4%BB%98%E5%8A%A0%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B

思い出の写真が相手に1か月~5年後に届くThrowback, ノスタルジーが心の付加価値になる

昨年、新種の写真共有サービスが登場した。そのThrowBackと呼ばれるサービスは、自分や友だちの“未来”へ写真を送って、古き良き時を思い出す、思い出していただく、というものだ。今日(米国時間3/3)はその、Androidアプリがローンチした。

ThrowBackがローンチしたのは1年前で、それはファウンダのCalli Higginsがそのアイデアで修士論文を書いた直後だった。

“その論文では、見てキュンとくる画像と、そうでない画像の違いを研究した。そのときわかったのは、しばらく見なかったものをまた見ると、ノスタルジーが湧き起こること。今は画像がありすぎる時代で、みんなが不感症ぎみになってるけど、ThrowBackはそれに対抗して、見ることの新鮮さを取り戻そうとしている”、と彼女は語った。

このサービス/アプリにログインすると、新しい写真をアップするか、今の写真アルバムから選ぶかを選択する。そしてそれらの写真を“未来へ”送る。時限は。1か月後から5年後までだ。”Surprise me”を選ぶと、時限がランダムに決められて、その時、サプライズに打たれるのだ。

スマートフォンのカメラアプリではなくて、このアプリ内の写真を選ぶと、それはスマートフォン上には保存されない。

それから、送る相手のメールアドレスを指定する。あとは、ひたすら待つのみ。

この一風変わったアプリは、最初ちょっと違和感をおぼえる。なぜなら、写真を送っても、実際にはまだ送られていないわけだから、「ありがとう!」とかはまったく来ない。沈黙あるのみだ。最短でも1か月待つのだから、ちょっとつらいかもしれない。

でも、iOSで人気アプリになったからこそ、今回Android版も出たわけだ。ということは、この共有過剰の時代には、ノスタルジーに希少価値があるのだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。
kazuki himura
一事業人員を半減させる思い切り。ベストプラクティスの拡充では限界。どんどん新しくですね。
Ichiro Mizoguchi
今はまだ大したことできないようだけど、アプリのページには、「More features…