bookmarklet
web search
Searchlet

ブラウザ画面で選択した言葉を探すSearchlet、画像および音楽も対象に加えて新版をリリース

次の記事

コミュニティベースで誰もが気軽に使えるIaaSを目指すDigitalOceanが$37.2Mを調達–AWSの次の世代を展望

Searchletをご存じだろうか。ブラウズ中に出てきた言葉を簡単に調べることができるようにするツールで、3ヵ月前にリリースされた。ブラウズ中の画面から離れずに検索することができるので、検索しているうちに何を調べていたのかわからなくなるような状況(Google amnesia)を防ぐこともできる。このSearchletが新しくなり、Google Imagesや、あるいは音楽ストリーミングサイトの検索もできるようになった。

開発したのはMark FazziniとSpencer Simonsenだ。ページ上で選択した語のさまざまなサイトでの検索結果をサイドバーに表示してくれるブックマークレットとして提供されている。

これまでは検索結果の詳細を見るにはクリックして別タブに表示させる形式だったが、今回のバージョンよりサイドバー内に検索結果を表示したり、あるいは音楽のストリーミングをさせることができるようになった。元々のページから離れる必要がなくなったのだ。
Searchlet windowまた、今回のバージョンからアカウント登録を行ってSearchletのカスタマイズもできるようになった。カスタマイズできるのは検索対象の選定で、Google ImagesTwitterUrban Dictionary、そしてGroovesharkなどの音楽ストリーミングサイトを指定できるようになった。

もちろん従来通りGoogleWikipediaGoogle News、およびオープンコンテンツ辞書のWiktionaryの検索も行える。検索対象として指定できるのは4つまでで、ここに記した4つが標準となっている。

個人的にはGoogle Imagesとの連携が嬉しい。たとえば中国語のサイトで出会う、セレブの名前やスラングなどはあまり一般の辞書には載っていない。しかしそうした言葉がGoogle Imagesの検索で引っかかってくれたりするのだ。

今回のアップデートに引き続き、SearchletはSearchlet for Businessという新サービスの立ち上げも計画しているのだとのこと。これはサイトにSearchletサイドバーを埋め込むサービスで、閲覧者がブックマークレットをインストールすることなしに、Searchletの機能を使うことができるようになるのだ。これにより、サイトの滞留時間を長くして、さらにページビューを高め、直帰率を低下させることに繋がる可能性もある。モバイル版も開発中だとのことだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在227人フォロワーがいます。