vimeo on demand
vimeo

VimeoがVimeo On Demand用の作品を作る人たちのために$10Mのファンドを用意–広告依存からの脱却を目指す

次の記事

元ソニー研究者が手がけるのはGoPro6台を使った驚異の全方位動画——Oculusとも連動

VimeoがミニVCになった!?。同社は1000万ドルのファンドを整えて、一定期間Vimeo On Demand独占封切で提供されるビデオ作品に資金を提供するのだ。

このIAC傘下のビデオサイトがVimeo On Demandをローンチしたのは1年前で、これによりビデオの作者は作品へのアクセスに課金できるようになった。また昨年秋のToronto International Film Festivalでは、ビデオの独占権に対し1万ドルのアドバンスを払うと発表し、さらに1月のSundanceではクラウドファンディングされるビデオに合計で50万ドルを支援すると発表した。

Vimeoのオーディエンスネットワーク担当ゼネラルマネージャGreg Claymanによると、上記のような初期の支援努力に対する反響がすさまじく大きく、数百件もの申し込みがあったので、今回のような本格的なファンド整備に至った。クラウドファンディングで1万ドルを達成した作品や、世界の20の著名な映画祭のどれかに参加した作品への支援は、これまでどおり続ける。また、個々の優秀作品だけでなく、Vimeoの集客力に貢献する一連の作品集にも投資を行う。

1000万ドルには、現金のほかに、Webサイト開発とか翻訳など、サービスの無料化も含まれる。

VimeoのCEO Kerry Trainorによると、YouTubeみたいな広告ベースのエコシステムも継続するが、しかし有料配布は“巨大な未開拓の機会だ”と見ている。この機会に対してVimeoは、今回の投資環境整備でアドバンテージを取りたいのだ。

なお、同サイトの1月のユニークビューワーは1億6800万で、過去最高、そして前年同期比では80%増となった。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在183人フォロワーがいます。