%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%80%8CWoowa%20Brothers%E3%80%8D%E3%81%AB%E5%87%BA%E8%B3%87

サイバーエージェント・ベンチャーズ、韓国のフードデリバリー「Woowa Brothers」に出資

サイバーエージェント子会社のサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)は10日、スマートフォンでデリバリーフードを注文できるアプリ「配達の民族」を手がける韓国のWoowa Brothersに対して、2月21日付で出資したことを明らかにした。出資額は非公表だが、関係者によると数千万円程度のようだ。

cav01

CAVによれば、配達の民族は累計ダウンロード数900万、月間注文者数180万件に上る韓国最大のデリバリーフードのポータルサービス。日本で言えば楽天デリバリーや出前館、米国で言えば600以上の都市で2万8000店舗を展開しているGrubHubが同様のサービスといえる。GrubHubは2月28日、1億ドルの資金調達を目指し、証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の申請を行っている

CAVは韓国において、スマホアプリを手がけるベンチャー企業への投資を最重要方針として掲げている。Woowa Brothersは、同国最大のメッセンジャーサービス「Kakao Talk」を運営するKakao、600万ダウンロードを保有するナビゲーションアプリ「KIM GISA」を運営するLOCNALLに次ぐ、韓国で3件目の投資支援先となる。

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers