%E5%BC%9F%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E6%9B%B0%E3%81%8F%E3%80%81%E5%85%84%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%88%E3%81%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%E6%80%9D%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84

弟アーサー曰く、兄があのサトシ・ナカモトだとは思えない

未だに続く〈あれは本物のサトシか〉騒動に新たなひねりを加えるかのごとく、Bitcoin作者候補の弟、Arthur Nakamotoが、Newsweekの記事に対して疑問と懸念の意を表した。

身分証明と共にRedditに投稿された真摯な書き込み(先週末にも短いメモを書いている)の中で、Arthurは自分の兄を “asshole” と呼んだことを恥じ、Satoshiを取材したAP記者は、昼食をおごって欲しいという兄の願いを聞いてくれた唯一の記者であったことを伝えた。

DorianがBTCの生みの親であるかどうかという質問について、アーサーは言葉を濁した。

それに関して、今私は、兄が “Satoshi Nakamoto” ではないと確信している。彼に出来るか? できると思う。しかしもっと重要なのは、彼が選り抜きのごく稀な「極めて興味深い」人物の一人であると、金曜日に当局から言われたことだ。

たどたどしい文体のメモには、Newsweekの記事が掲載されてから家族が経験した「地獄」が書き綴られている。

3O0STf2
Dorianと弟のArthur

先週Dorian NakamotoがBitcoinの真の作者であると主張するNewsweekの記事が掲載された後、多くの噂や混乱を誘う記事が巷にあふれた。Nakamotoが否定した後も、Newsweek編集部は自社の記事を擁護し続けた。結局これらの明確な確認と否定のぶつかりあいは、Bitcoin騒動をいっそう泥沼化させ、実りなき見世物にした。しかし、少なくともDorianは、この混頓の中で一度は昼食をおごられたようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
利便性のためなら端末盗用の防止などには構っていられない?
abology
كشف تسربات المياه بالرياض كشف تسربات المياه …
tegrak1
これから出るandroid5.0の端末が楽しみ。
saad abd
شركة تنظيف بالرياضشركة تنظيف منازل بالرياضشركة…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers