SXSW%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A9%A6%E5%90%88%E3%81%A7TechCrunch%E3%81%8CVentureBeat%E3%82%92%E7%A0%B4%E3%82%8B

SXSWのロボット・ボクシング試合でTechCrunchがVentureBeatを破る

噂とは違ってSouth by SouthwestのInteractive部門は野心的なアイディアのキーノートと真面目一方のパネルディスカッションばかりというわけではない。たまにはHammacher Schlemmerの提供による車輪付きボクシングロボット、Bionic Bopperカーに乗り込んで戦ったりする。 .

先週末にはDistil Networksが来場者に友だちとボクシングをしようと呼びかけて、怪しげなタイトルマッチなるものを宣伝していた。

私は古巣のVentureBeatのライター、Tom Cheredarを誘ってみた。するとTechCrunch TVのプロデューサーのSteve Longがその一部始終を録画した。そういうわけで結果はご覧のとおりだ。Cheredarはひととおりでなく悔しがっている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。
Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。