Bionic Bopper Car
SXSW interactive

SXSWのロボット・ボクシング試合でTechCrunchがVentureBeatを破る

次の記事

Lumusのウェアラブル向けVRディスプレイは「レイア姫の瞬間」を実現する

噂とは違ってSouth by SouthwestのInteractive部門は野心的なアイディアのキーノートと真面目一方のパネルディスカッションばかりというわけではない。たまにはHammacher Schlemmerの提供による車輪付きボクシングロボット、Bionic Bopperカーに乗り込んで戦ったりする。 .

先週末にはDistil Networksが来場者に友だちとボクシングをしようと呼びかけて、怪しげなタイトルマッチなるものを宣伝していた。

私は古巣のVentureBeatのライター、Tom Cheredarを誘ってみた。するとTechCrunch TVのプロデューサーのSteve Longがその一部始終を録画した。そういうわけで結果はご覧のとおりだ。Cheredarはひととおりでなく悔しがっている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在393人フォロワーがいます。