%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E3%81%AB%E7%9B%B4%E6%8E%A5%EF%BC%88%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%AE%E4%B8%8B%E8%AB%8B%E3%81%91%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E5%B1%8B%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%8F%EF%BC%89%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%8F%90%E4%BE%9B%E3%81%99%E3%82%8B23andMe%2C%20%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%8CSXSW%E3%81%A7%E8%AA%9E%E3%82%8B

消費者に直接(病院の下請け検査屋でなく)本人の遺伝子情報を提供する23andMe, ファウンダがSXSWで語る

消費者に対して直接、その人の遺伝特質を検査してくれることでよく知られている23andMeのファウンダAnne Wojcickiが、先週末テキサス州オースチンで行われたSXSWの対話集会に出席して、一般大衆に自分の保険医療データを提供することの持つポジティブな将来性と、危険性などネガティブな側面について語った。

“消費者の立場が今よりも強くなれば、自分の健康に今よりももっと責任を持てるようになるだろう”、とWojcickiは、集会のあとで行ったインタビュー(上のビデオ)で述べた。消費者の情報アクセスが拡大すれば、肥満になりやすい遺伝子構造だとか、そのほか、事前に防げる疾病について知ることができ、早めに予防的生活に取り組み、疾病の発生を減らすことができる。Wojcickiはこの点に関してきわめて楽観的だ。

しかし、国の規制当局は、23andMeの簡略な検査が消費者を無責任な行動に導くことをおそれ、同社が消費者に具体的な健康情報を提供することを禁じた。とくに問題とされたのは、“癌になりやすいことを示す遺伝子がある”、といった情報だ*。FDAのこの要請以来同社は、昨年11月以降、それまで提供してきた保険医療情報の多くを、提供しなくなった。〔*: とくに問題とされたのは、女性の“乳房切除強迫”。〕

“規制は必要だ、と私も思う。がまの膏(あぶら)企業は、摘発しなければならない”、と彼女も認める。ただし、責任あるやり方で遺伝情報を提供している企業からのデータには、消費者はアクセスできるべきだ、という点に関しては、彼女は一歩も譲らない。

そのほか、遺伝情報の未来、理性的でない消費者の危険性、保険医療ビジネスにおけるトレンド、といった話題について彼女は上のビデオで語っている。

〔訳注: これまで23andMeは、ファウンダがGoogleの協同ファウンダSergey Brinの奥さんであるという文脈でメディアに取り上げられることが、あまりにも多かった。これからは、このビデオで語られているような、より本質的な文脈で登場する機会が多くなるだろう。一読者として、それを期待したい。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
利便性のためなら端末盗用の防止などには構っていられない?
abology
كشف تسربات المياه بالرياض كشف تسربات المياه …
tegrak1
これから出るandroid5.0の端末が楽しみ。
saad abd
شركة تنظيف بالرياضشركة تنظيف منازل بالرياضشركة…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers