%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%89%88Hotel%20Tonight%E3%81%AEVeryLastRoom%E3%80%81%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%B6%B3%E5%A0%B4%E5%9B%BA%E3%82%81%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%A6210%E4%B8%87%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%92%E8%AA%BF%E9%81%94

フランス版Hotel TonightのVeryLastRoom、欧州での足場固めを目指して210万ドルを調達

当日になってホテルの予約をするサービスのフランス版であるVeryLastRoomが210万ドル(150万ユーロ)の資金を調達した。アメリカのHotel Tonightと同様な仕組みを提供するサービスだ。出資したのはベンチャーキャピタルのAPlusFinance、Extend、そしてSigma Gestionなどだ。

過去には、エンジェルより55万ドル(40万ユーロ)を調達している。ちなみにHotel Tonight風サービスを展開するスタートアップはヨーロッパでもいろいろと登場してきていたが、Hot HotelsはGrouponに買収され、JustBookがSecretEscapesに買収されるなど、徐々にその数を減らしつつある。

VeryLastRoomは、Hotel Tonight同様に当日のホテルを予約するためのモバイルアプリケーションを提供している。ホテル側としては空室を割引価格で提供して、効率的な運用を行うことができるわけだ。但しHotel Tonightとは異なり、部屋の価格はリアルタイムで変化し続けていくようになっている。すなわち時間が遅くなるにつれて宿泊費は安くなる。午前2時が最終で、その時間に最も安く部屋を利用できるようになっているのだ。

「フランスおよびスペインでは、Hotel Tonightより上質なサービスを提供できていると自負しています」と、CEO兼共同ファウンダーのNicolas Salinは言っている。

今回調達した資金により、現在の8名体制を3ヵ月で倍にする予定なのだそうだ。VeryLastRoomとしては、Hotel Tonightが知名度を広げる前に、フランスマーケットを確実に握ってしまえるかどうかが今後の活動の鍵となる。フランスで確実な地位を掴めば継続的なサービス提供も可能となり、あるいはまた大きな買収ターゲットとして存在感を増すことにも繋がり得るだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

れお@今日からイケメンになる
chromebookの場合、機能を使うことによって生徒の設定を一括操作できるので、かなり安心できると…
Ichiro Mizoguchi
実際にDroneでの配送が始まったら、どこかの星からUFOが来たとしても、みんな「また、Droneが…
【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers