%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%A8%E4%BA%92%E8%A7%92%EF%BC%88%3F%EF%BC%89%E3%81%AB%E6%88%A6%E3%81%86%E9%A9%9A%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA

ドイツの産業用ロボットがプロ・ピンポン選手と互角(?)に戦う驚きのビデオ

高度な視覚的判断と高速精密な動作制御を必要とする分野で最近のロボットが薄気味悪いほど能力を向上させていることがこのビデオを見ればはっきり分かる。ドイツの産業ロボットメーカーKUKAは、同社のロボットとプロのピンポン・チャンピオン、TimoBollが試合をするプロモーションビデオを製作した(Slate)。このロボットのピンポンの能力はご覧のとおり、驚くべきものだ。

ただしネタバレになるが、KUKA KR AGILUSは人間のチャンピオンには勝てなかった! 激しい点の取り合いの末、人間が11対9で勝った―というか、実はこれは真剣勝負ではなく、ハリウッド映画顔負けのシナリオが予め用意されていた。

上にそのメイキングのビデオもエンベッドしておいた。ロボットとTimo Boll選手のラリーは本物だと証言されている。Boll選手はこのドイツのロボットは毎回1センチの狂いもなく同じところにボールを打ってくると驚いている。正確にいってどこまでが演出なのはKUKAは明らかにしていないが、正式の試合ならBoll選手が勝つことは疑いない。

最近中国で大規模にKukaのロボットを導入した工場がオープンしたのを期にこのビデオを作成したという。お祝いに免じて多少の演出は許容範囲だろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

shigtak
GOPRO株主としては、ぜひ成功してほしい、続報を期待しています。
神崎渉瑠
7インチタブレットは多くの紙製手帳と同じ幅ということもあり使いやすいと思うが、ベゼルが大きいから非…
アサギマダラ
へえ、これは良いなぁ。これに続いて公共無線がもっと普及してくれればさらに……だけど
abology
كشف تسربات المياه نقل اثاث بالرياض تخزين اثاث…
Steve Jobs
ocnモバイルoneのsimカードlg g3で使えますか?
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 140 other followers