グラフィクス
BLADE
Razer

2000ドルもするゲーム用ラップトップRazer Bladeの2014年型出る, ディスプレイがすごい

次の記事

リクルートが“日本語訳付きMOOCs”提供へ——米UDACITYと協業

Razerはこれまで、Bladeシリーズのラップトップをいくつか作ってきた。初期の機種には、17インチという大型画面で2800ドルというのもあった。2013年には14インチの薄型ラップトップを出したが、それもまたゲームのための強力な内臓を収めていて、すごかった。ペリフェラルもとくにキーボードとマウスがゲーマーの酷使に耐えるハイエンド機で、Razerのラップトップの人気を支えていた。

その2013年のBladeはレビューもおおむね好評だったが、スクリーンだけはネガティブだった。Appleのレティナディスプレイが、評価の基準を上げてしまっていた。

そこで、今年の新型Bladeだ。ご親切にもRazerは、評価機を本誌TechCrunchのオフィスに持参し、しかも、おまけとしてCEOまでついてきた。おかげで上のビデオでは、彼とのフィジカルなチャットを収録できた。これまでのBladeとの大きな違いは、画面が3200×1800画素であること。そしてタッチをサポートしている。昨年のBladeは1600×900画素で、人の脂っぽい手を受け付けなかった。

グラフィクスカードはNVIDIA GeForce GTX 870Mで、これは現時点で最強と言われる。新型Bladeの画面の描写力や反応は、なんというか、すごいの一言。電池寿命は約6時間だそうだ。

欠点と言えば…、昨年のより高くて2199ドルからだ。心臓または財布の弱い人向けではない。でもこんなコンピュータに需要が存在することを、これまでRazerは証明してきた

新型Bladeの予約は今日(米国時間3/12)から始まる。発売は来月だ。PC市場のボリュームゾーンは斜陽でも、周辺部には活気がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在257人フォロワーがいます。