合衆国のAmazon Prime, 年会費99ドルに値上げ

次の記事

オンライン学習サービスのスクーが東大と連携、「打倒MOOCs」の準備中

恐れていた日がついに来た。AmazonはPrimeの年会費を近く99ドルに値上げする、と発表した。新料金は一週間後からで、これまでの79ドル99セントから約20ドルの値上げになる。

Amazon Studentの会員は49ドルを払う。Prime Freshの会費は299ドルに据え置きだ。

既存の会員は、会員資格が更新される時に新会費を払う。AmazonのFAQによると、すでにそのむねのお知らせメールを各会員に送ったそうだ。つい最近更新したばかりの人は、運がいいね。

Amazonは昨年末のクリスマス年末商戦でふるわなかったことを報告した1月末の決算報告のとき、Primeの値上げをほのめかしていた

今のAmazonの立場は厳しい。長年ウォールストリートの寵児だった同社の株価は、昨年のホリデイシーズンの不調のせいで躓いた。アナリストたちは、売上260.6億ドル、一株あたり利益0.66ドルを予想していたが、GDPが大きく伸びた四半期に、Amazonは彼らの期待に応えられなかった。

Amazonの株価は、まだ回復していない。〔Prime値上げでAmazonの株価上がる(未訳)〕。

すでに9歳になる今のPrimeは、単なる送料無料制以上のものだ。会員特典には、ビデオのストリーミングやKindleのライブラリなどもある。ぼくも長年のPrime会員だから値上げは痛いが、やはり会員を続けるだろう。お店へ買い物に行くのは、面倒だもんね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在208人フォロワーがいます。