曲面ディスプレイ付iPhone 6はこんな感じか(ビデオ)

次の記事

ロボコップが現実に、ロボット警備員を開発するKnightscopeにドコモ・ベンチャーズが出資

みなさん、またこの季節がやってきた。最新のiPhone発表から数ヵ月が過ぎた、ということは誰もが〈次の〉iPhoneがどうなるかを探り始めているという意味だ。

かつてそれは、フォーラムやブログにもっともらしい偽情報が〈安定して〉流れることを意味していた。最近はしかし、十分本物っぽいフェイクを作る才能を持つ多くの人々が、そのスキルを良い方向に使っているようだ。つかの間の笑いを取るために自らの成果をドブに捨てる代わりに、磨きぬかれたもの作りそれをコンセプト作品と呼ぶ。

ある噂の発信源を信じるなら、次のiPhoneには曲面ディスプレイが採用されるかもしれない ― Appleが5億ドルの巨額を投じたサファイア・ガラスを活かして。

実際、曲面ガラスiPhoneはどう見えるのだろう? Appleの最近のデザイン言語を実にうまく捉えたコンセプトビデオで、アーティスト、Ran Avniが挑戦する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在205人フォロワーがいます。