%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%B5%90%E6%9E%9C%EF%BC%9AFacebook%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%85%E3%81%AF%E5%8F%8B%E9%81%94%E3%81%AB%E4%BC%9D%E6%9F%93%E3%81%99%E3%82%8B

研究結果:Facebook上の感情は友達に伝染する

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究によると、Facebookにおける感情は友達から友達へとウィルスのように広がっていく。言い換えれば、友達の気分はあなたの気分を左右する。ポジティブにもネガティブにも。

誰もが知るように、人は対面状態で互いの気分を伝染させることができる。機嫌の悪い同僚はあなたを不機嫌にし、幸せそうな恋人はあなたを元気づける。これは「赤の他人やそれに近い人同志」でも起きると研究者らは言っている。しかし、ソーシャルメディアを通じて伝わるかどうかを突き止めた人はいない。これまでには。

匿名データを使って、博士課程学生のLorenzo CovielloとAdam D. I. Kramer、およびFacebookのCameron Marlowの3人は、1180日分の英語の近況アップデートを観察した。彼らは自動化テキスト分析を使って各投稿の気分と文意を評価し、「感情コンテンツ」を求めた。

彼らの発見は? 第一に、ある地理的位置に雨が降っていると、その場所における気分はネガティブ傾向になり、ポジティブな書き込みは減る。これは「話題の伝染」と見ることができる。しかし、彼らが知りたかったのは、その雨に影響されない他の地域の友達に何が起きたかだった。その影響は、小さいけれども、間違いなく興味深い。研究者らはこう書いている。

では、雨に降られた人々の感情表現の変化は、降られていない友達にも影響を与えたのか? その通り。研究によると、ネガティブな投稿1件につき、友達の間で1.29件のネガティブ投稿が生まれ、ポジティブな投稿に対しては、1.75件のポジティブ投稿が生まれた。

「もし一人の感情の変化が、多くの人に変化をもたらすのであれば、われわれは心身の健康を改善する努力の効果を、著しく過少評価しているのかもしれない」とUCサンディエゴ校医学部の遺伝医学および政治学教授で第一著者のJames Fowlerは言った。「われわれはソーシャルネットワークの効果を測定し、それを拡大して幸福の流行を起こす方法を見つけるために、あらゆる努力を払うべきだ」

要するに彼らは、Facebook上のあなたの気分と友達の気分との間に何らかの相関があることを発見した。あなたが落ち込んでいれば、実際それは友達の間でデジタルに広がる。この次Twitterに「人生っていいことないね」と書く前に、ちょっと考えなくてはならなくなる結果だ。研究者らは、これがソーシャルメディアや広く伝わるメッセージングによる公共福祉の改善に役立つと信じている。これで悲しい顔よりスマイリーフェイスを選ぶ理由が一つ増えた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…
つん(たん)
現在の検定で不正が問題になっていることを今知ったよ。
Ichiro Mizoguchi
なんとなくですが、「一度使ったら手放せない」ってなりそうです。ちょっと怖いなぁ ^^;
デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。