Google%E3%80%81%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%AEGlass%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AB%8C%E6%82%AA%E6%84%9F%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%80%8C10%E3%81%AE%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8D%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8

Google、人々のGlassへの嫌悪感をなくすために「10の神話」を発表

あらゆるソーシャルな問題を別にすれば、Googleは素晴らしいテクノロジーの塊だ。しかし、それだけでは未来を約束するのに十分ではない。Google Glass Explorerなる新奇なPRキャンペーンも不調のようだ。そこでGoogleは、Google Glass嫌悪者たちに対して、Glassを擁護する〈類事実〉を列挙して反撃を開始した。

つい先ほど同社は、「Google Glass神話トップ10をシェアした。例えばこんなもの。

  • 神話その1: Glassは現実世界からの究極の逃避である
  • 神話その7: Glassは完璧な監視デバイスである

このひと月前、Googleは似たようなリストでGlass迷惑人間にならないためのガイドラインを発表している。

しかし、どんなに多くのGoogle Glassヘイターが今いようとも、どんなものでも初めて出てきたとき、消費者にはそれを嫌う傾向があるということを、Googleは思い出すべきだ。

「ほとんどすべての人が、ほとんどすべてのことを変えたがらない。子供の頃に学んだことをずっと守り続けたがる」とDean KamenはSXSW参加者のRon Miller に話し、Millerはこの記事でその現象を説明した。KamenはSegway等の発明者なので、このアーリーアダプターによる嫌悪現象を極めて良く理解しているに違いない。

ある意味で、Google Glass Explorerプログラムは、Google Glassと同じくらい興味深い。全く新しい製品の運命を消費者の手に預けた会社はかつてない。Googleは、興味を持ったユーザーにこの完全にベータ版のデバイスを購入するように薦め、事実上彼らのために販売している。

最近のアンチGlass立法失敗談は、この戦略が大失敗であったことを示しており、GoogleはGlassのイメージ回復のためにソーシャルキャンペーンを開始するはめになったようだ。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
『家にいることを感知したらスリープして電池を節約する』はなかなかいいアイデアですね。猫飼ったことない…
Kenshin Fujiwara
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓関西で米国式のアクセラレータを立ち上げみて学んだことh…
Guest
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓http://kenshinfujiwara.com/…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers