Ember%E3%81%AF%E3%80%8156%E5%80%8B%E3%81%AELED%E3%81%A7%E6%B7%B1%E5%A4%9C%E3%81%AE%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8BiPhone%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9

Emberは、56個のLEDで深夜の撮影を改善するiPhoneケース


新機種が出るたびに、iPhoneは夜間の写真撮影が得意になり、人を幽霊のように写さなくなってきた — とはいえ、それも1つか2つのLEDで出来る範囲内のことだ。

では、小さなLEDが56個付いたらどうだろうか。EmberはiPhone 5/5s用のケースで、バックパネルにばかばかしいほど明るい照明を追加してくれる。

「ちょっとまった!」とあなたは叫ぶだろう。「写真を撮るたびにLEDを56個も発光させたらiPhoneのバッテリーがなくなってしまうんじゃないか」。

そうだろう・・・もしEmberが自前の2200mAhバッテリーパックを内蔵していなければ。このためにLED単独よりもケースが少々太めになったが、iPhoneに負担をかけたり充電する必要なしに、連続4時間の照明が可能になった。

開発者のテストによると、このLEDパネルは、iPhoneのフラッシュの約10倍の光を供給する。光量を調節することも可能だ — LED 56個の光がちょっと強すぎる時は。

iPhoneのソフトウェアと連動する代わりに、Emberのライトパネルは物理的スイッチによってオンオフされる。これは内蔵フラッシュと比べてスマートではないかもしれないが、ケースを外して自由に照明をあてることもできる(あるいは、理論的には超明るい懐中電灯にもなる)。

ちなみに、ケースの頂部は取り外し可能なので、サードパーティー製のアドオンレンズを装着可能だ — さらに、もしすてきな写真をとりたいときのために、三脚マウントをつけるためのコールドシューマウントもある。

落とし穴? 多くの気の利いたiPhoneアクセサリーの例に漏れず、これはKickstarterプロジェクトだ — そして目標金額まであと1万1000ドルでキャンペーンの残り時間がわずか42時間ということは、プロジェクトが成立しない可能性もあることを意味している。

“Early Bird” Ember(暖色フィルターと三脚アダプター付)に間に合えば59ドル。これがなくなると価格は79ドルに跳ね上がる — そして一般販売価格は90ドルを予定している。

Emberで撮った写真がどう見えるか気になる人のために、比較写真を下に貼っておいた。

sbs

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

shigtak
GOPRO株主としては、ぜひ成功してほしい、続報を期待しています。
神崎渉瑠
7インチタブレットは多くの紙製手帳と同じ幅ということもあり使いやすいと思うが、ベゼルが大きいから非…
アサギマダラ
へえ、これは良いなぁ。これに続いて公共無線がもっと普及してくれればさらに……だけど
abology
كشف تسربات المياه نقل اثاث بالرياض تخزين اثاث…
Steve Jobs
ocnモバイルoneのsimカードlg g3で使えますか?
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 140 other followers