GoogleファウンダSergey Brinの学生時代の履歴書を発見…すでに夢は大きい

次の記事

苦痛の表情がホンモノかニセモノか, コンピュータの方が正確に見分ける

Sergey Brinはもう、履歴書を必要としないだろう。

でもStanfordの学生だったころは、違う。彼の名前をGoogleで検索することもできない。彼はそのほかの、地球上で19番目に裕福な人間ではない人間と同じく、退屈なテキストドキュメントに、自分の学歴などを書き連ねた。

誰かがStanfordの卒業生たちのサイトで、彼のページを見つけた(90年代のダサいGIFが載ってる)。そしてそれはあっという間に、世界中に広まった。

彼の今から数十年前の履歴書には、最終的に将来のビッグなプロジェクトに結実するプロジェクトや発表物がたくさん載っている。“画像処理のための並列アルゴリズム”とか、“多次元データを近傍検索のためにインデクシングする”など、よくありそうなものばかりだ。

でも、いちばんおもしろい部分は、ふつうの人が見ない場所にある。HTMLのソースだ。HackerNewsのコメントが紹介しているように、彼の履歴書ページのソースコードには、短い注意書きがある。それは90年代半ばにおける、Brinの目標だ:

objects
[目標:
・広いオフィス
・高給
・とても短い勤務時間
・経費で頻繁に海外旅行ができること]

どうやら、目標は達成されたようだね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在244人フォロワーがいます。