Google%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9BigQuery%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%B9%85%E5%80%A4%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%81%A8%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97

Googleのリアルタイムビッグデータ分析サービスBigQueryが大幅値下げと能力アップ

非常に大きなデータ集合を高速に分析するためのGoogleのクラウドツールBigQueryが今日(米国時間3/25)、最大85%という大幅値下げをした。そしてそれと同時に、Amazon Kinesisなどの競合サービスと互角に戦うための重要な新機能も加えた。もうすぐデベロッパたちは、最大で毎秒10万行までのリアルタイムデータをBigQueryに送り、リアルタイムで分析してもらえるようになる。

これで、リアルタイム分析に依存する多種多様なサービスにとって、BigQueryが使うツールの候補になる。今日行われるCloud PlatformのイベントでGoogleは、電力会社がこのツールを使うと、地域の電力利用状況をリアルタイムで刻々分析しながら、数分後の停電の可能性を検知できる、という例を見せる。あるいは電力会社はBigQueryを使って数マイル範囲内のメーターの今の状態を知り、過去5分間に電気の利用がなかったところを判別できる。

そのほか、マーケティングや金融業などでも、データやログ、さまざまな計測値などをリアルタイムで分析できる。

ビッグデータ分析の世界でGoogleのサービスは、比較的安い。オンデマンドのクェリは1テラバイトあたり5ドル、毎秒5GBの予約クェリは月額料金が“わずか”2万ドルだ。これらの額は、ほかのサービスプロバイダよりも75%安い、とGoogleは主張している。

BigQueryのこれまでのリアルタイムストリーミング機能はあまり強力ではなくて、 その最大消化能力は1テーブルあたり毎秒1000行だった。それで十分なアプリケーションもあるが、それはAmazon Kinesisの足元にも及ばない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers