Google%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9BigQuery%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%B9%85%E5%80%A4%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%81%A8%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97

Googleのリアルタイムビッグデータ分析サービスBigQueryが大幅値下げと能力アップ

非常に大きなデータ集合を高速に分析するためのGoogleのクラウドツールBigQueryが今日(米国時間3/25)、最大85%という大幅値下げをした。そしてそれと同時に、Amazon Kinesisなどの競合サービスと互角に戦うための重要な新機能も加えた。もうすぐデベロッパたちは、最大で毎秒10万行までのリアルタイムデータをBigQueryに送り、リアルタイムで分析してもらえるようになる。

これで、リアルタイム分析に依存する多種多様なサービスにとって、BigQueryが使うツールの候補になる。今日行われるCloud PlatformのイベントでGoogleは、電力会社がこのツールを使うと、地域の電力利用状況をリアルタイムで刻々分析しながら、数分後の停電の可能性を検知できる、という例を見せる。あるいは電力会社はBigQueryを使って数マイル範囲内のメーターの今の状態を知り、過去5分間に電気の利用がなかったところを判別できる。

そのほか、マーケティングや金融業などでも、データやログ、さまざまな計測値などをリアルタイムで分析できる。

ビッグデータ分析の世界でGoogleのサービスは、比較的安い。オンデマンドのクェリは1テラバイトあたり5ドル、毎秒5GBの予約クェリは月額料金が“わずか”2万ドルだ。これらの額は、ほかのサービスプロバイダよりも75%安い、とGoogleは主張している。

BigQueryのこれまでのリアルタイムストリーミング機能はあまり強力ではなくて、 その最大消化能力は1テーブルあたり毎秒1000行だった。それで十分なアプリケーションもあるが、それはAmazon Kinesisの足元にも及ばない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers