%E3%83%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%923240%E5%84%84%E5%86%86%E3%81%A7%E8%B2%B7%E5%8F%8E%E3%80%81%E3%80%8CY%21mobile%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%90%BA%E5%B8%AF%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%8F%82%E5%85%A5%E3%81%B8

ヤフーがイー・アクセスを3240億円で買収、「Y!mobile」で携帯事業参入へ

ヤフー宮坂学社長

ヤフー宮坂学社長

ヤフーは27日、イー・アクセスの株式の99.68%(議決権比率33.29%)をソフトバンクから3240億円で6月2日に取得することを明らかにした。6月1日にイー・アクセスとウィルコムが合併して誕生する新会社の株式を取得する。日本初のインターネットキャリア事業として、「Y!mobile」(仮)を展開するという。シンプルな料金体系や仕組みで、すべての人にインターネットを届けることを目標に掲げている。新社名は「ワイモバイル株式会社」になる予定で、社長にはヤフーの宮坂学社長が就任する。

具体的な相乗効果としては、イー・アクセスが持つ約3000店舗をY!mobileの販売店とすることで、オフラインでのYahoo! JAPAN各種サービスのプロモーションを強化する。例えば、来店者に有料サービス「Yahoo!プレミアム」を紹介したり、端末にYahoo! JAPANのアプリをインストールすることを検討しているという。Y!mobileが扱う端末は当面、Androidのみを展開する。具体的なサービス内容は未定で、「LCC(ローコストキャリア)でやるかも含めて料金も検討中」と、宮坂氏は説明している。

「スマートフォンやタブレットの利用者が増えることで、Yahoo! JAPANにシナジーが生まれる。シンプルに言うと、スマホの利用者が増えるほど、ヤフー以外のスマートフォン専用サイトが見られるようになり、それが広告売上の原動力になる。我々はテレコムの会社になりたいわけではない、インターネットの会社としてスマホやインターネットを届けたい。」

携帯事業参入によって、2001年6月にYahoo! BBを開始した時と同じことが起きると語る。「まず、Yahoo! BBの加入者が増えてISPの売り上げが増えた。同時に検索やヤフオク!、Yahoo!ニュースなどのサービスの利用が増え、ADSLでサイトのアクセスが爆発的に増えたことで広告の売上増につながった。これと同じことを、スマートフォンとタブレットのインターネットで起こしたい。」

yahoo01

キャリアからインフラを借り、自社ブランドで通信サービスを提供するMVNOではなく、従来型の携帯会社として事業参入する理由については、次のように説明している。「MVNOでもいいのではないかという議論もしたが、我々が登りたい山は1000万台ぐらい。従来型の携帯会社として事業に参入し、端末やサービスプラン、販売チャネルの決定権を持った状態でやらないといけないと思った」。

なお、イー・アクセスとウィルコムが提供するPHSサービスやMVNO向けサービス、ADSLホールセールについては今後も継続するが、契約内容が変わる可能性もあるとしている。

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers