やはりGoogleは仮想移動体通信事業(MVNO)への進出を準備しているらしい

次の記事

Unreal Engine 4がLinuxとSteamOSをサポート–個人デベロッパに訴求

The Informationの記事によると、Googleは無線キャリヤ事業を開始する準備をしているという。

記事によると、GoogleとVerizonの幹部がGoogleのMVNO(仮想移動体通信事業者)への進出計画について話し合ったという。

Googleが光インターネット回線事業を拡大し、独自のNexusブランドにますます力を入れている現在、携帯電話キャリヤ事業への進出を考えないとしたらその方が無責任というものだ。

2013年にGoogleはSprintとワイヤレス・キャリヤ・サービスの構築について話し合ったと伝えられている。今回、GoogleはVerizonあるいはT-Mobileの物理的設備を利用する考えのようだ。

GoogleがMVNOになるとすれば、最終的には大手キャリヤに挑戦するのが目標だろうが、Google Fiberプロジェクトと同様、当初は地域を限って小規模に開始されるものと思われる。Googleは経験を積みながらライバルを上回るサービスに育てていくことを選びそうだ。何はともあれGoogleにチャレンジ精神が欠けているというものは誰もいない。.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在183人フォロワーがいます。