Unreal%20Engine%204%E3%81%8CLinux%E3%81%A8SteamOS%E3%82%92%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88--%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%83%87%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%AB%E8%A8%B4%E6%B1%82

Unreal Engine 4がLinuxとSteamOSをサポート–個人デベロッパに訴求

unreal

多くのAAAクラスのゲームで使われているゲームエンジンUnreal Engineの最新バージョンUnreal Engine 4に、今後にとって非常に重要と思われる機能が加わった。それは、Linuxの上で動くゲームを作れること、だ。

数週間前には、Unreal Engineの使用料の大幅値下げが発表されたばかりだ。ライセンスの交渉に数週間を費やし、前金で数十万ドルを払う、という方式はなくなり、デベロッパ一人当たり月額19ドル、プラス売上の5%、という料金体系になった。

そのニュースと今回のLinuxサポートを合わせて、Epicが考えているのは、インディーデベロッパの囲い込みだ。その市場はこれまで、新参のUnityが、がっちりおさえていた。Unreal Engineの過去のリリースは、主に大手のデベロッパ企業が対象だった。しかしゲーム開発のコストが下がり、App StoreやGoogle Play、Steamなどでの自主出版が無理なくできるようになった今日では、インディーデベロッパの重要性がこれまでになく増している。

今回の措置によりUnreal Engine 4がサポートする開発プラットホームはOS X、Windows、iOS、Android、そしてLinuxとなる。

“Linuxなんて、デスクトップOSの2%を占めてるだけだろ?”、とあなたは言うかもしれない。

たしかに。今のところは。

Linuxファンたちの多くはこのところ、“もうすぐビッグになるぞ!”と言い続けている。そう言われる重要な要素の一つが、ValveのSteam Machineだ。

Valveはこれまで、Steamをサポートする、リビングルームのゲーム機としてのPCを作るよう、多くのサードパーティに働きかけてきた。Valve自身は、SteamOSと呼ばれるOSと、標準のコントローラを作っている。

その”SteamOS”は、Linuxがベースだ。Steam Machinesという規格が今後本格的に普及していくのなら、ゲームエンジンのLinuxサポートは必須だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers