Unreal%20Engine%204%E3%81%8CLinux%E3%81%A8SteamOS%E3%82%92%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88--%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%83%87%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%AB%E8%A8%B4%E6%B1%82

Unreal Engine 4がLinuxとSteamOSをサポート–個人デベロッパに訴求

unreal

多くのAAAクラスのゲームで使われているゲームエンジンUnreal Engineの最新バージョンUnreal Engine 4に、今後にとって非常に重要と思われる機能が加わった。それは、Linuxの上で動くゲームを作れること、だ。

数週間前には、Unreal Engineの使用料の大幅値下げが発表されたばかりだ。ライセンスの交渉に数週間を費やし、前金で数十万ドルを払う、という方式はなくなり、デベロッパ一人当たり月額19ドル、プラス売上の5%、という料金体系になった。

そのニュースと今回のLinuxサポートを合わせて、Epicが考えているのは、インディーデベロッパの囲い込みだ。その市場はこれまで、新参のUnityが、がっちりおさえていた。Unreal Engineの過去のリリースは、主に大手のデベロッパ企業が対象だった。しかしゲーム開発のコストが下がり、App StoreやGoogle Play、Steamなどでの自主出版が無理なくできるようになった今日では、インディーデベロッパの重要性がこれまでになく増している。

今回の措置によりUnreal Engine 4がサポートする開発プラットホームはOS X、Windows、iOS、Android、そしてLinuxとなる。

“Linuxなんて、デスクトップOSの2%を占めてるだけだろ?”、とあなたは言うかもしれない。

たしかに。今のところは。

Linuxファンたちの多くはこのところ、“もうすぐビッグになるぞ!”と言い続けている。そう言われる重要な要素の一つが、ValveのSteam Machineだ。

Valveはこれまで、Steamをサポートする、リビングルームのゲーム機としてのPCを作るよう、多くのサードパーティに働きかけてきた。Valve自身は、SteamOSと呼ばれるOSと、標準のコントローラを作っている。

その”SteamOS”は、Linuxがベースだ。Steam Machinesという規格が今後本格的に普及していくのなら、ゲームエンジンのLinuxサポートは必須だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

hiroiyo
以前と比べて魅力的だと書いているが、以前のvivofitと基本的機能はまったくいっしょですね。単にス…
bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers