%E5%8F%8DIT%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%AE%B6%E3%80%81%20%E3%80%8C%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%80%8D%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%83%A9%E3%82%92%E3%82%B1%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%AE%85%E5%91%A8%E8%BE%BA%E3%81%AB%E9%85%8D%E5%B8%83

反IT活動家、 「パラサイト」呼ばわりするビラをケビン・ローズ宅周辺に配布

Google Venturesのパートナー、Kevin Roseによると、今日(米国時間4/6)彼のサンフランシスコの自宅を活動家が訪問し、彼を「パラサイト」呼ばわりする横断幕を掲げ、近隣にも同じ内容のチラシを配った。

彼がそんな目に遭う理由はあるのか? そう、彼はスタートアップに投資した。

Roseは、近所に配られた彼について書かれたチラシの写真をInstagramに載せた。そこには例えばこう書かれている。

Goolge VenturesのパートナーVCとして、Kevinは、Googleからサンフランシスコを崩壊させているITスタートアップバブルへと流れる資金を制御している。彼が出資したスタートアップは大量の若い起業家を呼び寄せ、サンフランシスコとオークランドの景観を踏みにじった。

チラシが代弁していると称するのは、「彼らにコーヒーを出す、彼らに食事を届ける、彼らのcockをsuckする[?]、彼らの子供たちを見る、彼らの床にモップをかける」サービス従事者たちであり、殆どのIT技術者は「Kevin Roseと同じ」だと不満を述べている。しかし、IT関係者が大金を稼いでいることを指摘する以外、具体的な批判はない。

サンフランシスコのITブームが与えた影響に焦点を絞った抗議活動はもちろんこれが初めてではないが、これまでの標的は、企業や業界全体(Googleバスは格好のターゲット)であり、個人の自宅を狙ったものは聞いたことがない。

Roseは抗議を不快に感じている一方で、こうもツイートしている、「家賃の上昇、サンフランシスコ文化の維持、家主による追い出し等の問題を解決する必要がある、という点では私も彼らに同意する」Rose(彼はFoundationビデオインダビューシリーズを通じてTechCrunchに貢献している)には追加コメントを求めているので、新しい情報が入り次第続報をお伝えするつもりだ。活動家たちにも接触しているが、私の知る限り責任者を名乗る特定の団体はいない。

アップデート: 活動家サイトIndybayの、”The Counterforce” が投稿した記事に、なぜRoseが特に標的にされているかの詳細が書かれている。記事は、”IMA SNIP SNIP YR BALLZ -:)” と書かれた横断幕の写真に始まり、Roseの起業家、投資家としての歴史が書かれ、こう結論付けられている:

この目的を達成するために、われわれはまずGoogleに対して明確に要求する。Googleは、われわれの指定した無政府組織に30億ドルを渡すこと。この金はベイエリアおよび北カリフォルニアに自立的、反資本主義、および反人種差別的コミュニティーを設立するために使用される。これらのコミュニティーでは、サンフランシスコであれ林の中であれ、何人たりとも家賃を払う必要がなく、居住はフリーになる。われわれはこのGoogleからの30億ドルによって、ベイアリアの居住危機を解決し、無政府世界は可能であるだけでなく、実は抑制不能であることを世界に証明する。機会が与えられれば、殆どの人はより自由で解放された道を進むだろう。現状は、Kevin Roseのような人間だけが自らの世界を作り直す機会を与えられ、その機会をどう生かすかを考えている。

さらに補足しておくと、写真はチラシの一部のみを写したものらしい。また、少なくとももう1件、あるGoogle社員の自宅に対して抗議活動があったようだ。

[image via Instagram/Kevin Rose]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers