API%E3%81%AE%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%92%E5%8A%A9%E3%81%91%E3%82%8BRunscope%E3%81%8C%246M%E3%82%92%E8%AA%BF%E9%81%94%2C%20%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%82%E5%B1%95%E9%96%8B%E3%81%B8

APIの試験とデバッグを助けるRunscopeが$6Mを調達, 企業向けプロダクトも展開へ

デベロッパが行うAPIのテストとデバッグを支援するサービスRunscopeが、General Catalyst PartnersらによるシリーズAのラウンドにより、600万ドルを調達した。このラウンドにはLerer VenturesとTrue Venturesも参加した。この投資の一環としてGeneral Catalystの専務取締役Steve Herrodが同社の取締役会に加わる。

True Venturesは2013年初期におけるRunscopeの110万ドルのシードラウンドを仕切り、Lerer Ventures はそのラウンドにも参加した。このシードラウンドの後に同社は、バックエンドサービスをテストする同社の旗艦的プロダクトであるRadarをローンチした。今回の新たな資金は、チームの増員と、企業向けプロダクトの開発に充てられる予定だ。RunscopeのCEOで協同ファウンダのJohn Sheehanは、マーケティング努力を拡大してもっと多くのデベロッパをユーザとして獲得すること、そしてマーケティング部門のトップとなる人を雇いたい、とも言っている。

[RadarのAPIテスト画面]
rs-radar-overview

Runscopeによると、現在のユーザ数は数万、これまで提供したサービスの累計は、10000あまりのAPIに対する5千万以上のリクエストだ。

同社が今日発表したRunscope Enterpriseにより大企業は、同社のAPIデバッグ/テストツールをファイアウォールの内側で利用でき、また内製ツールとのハイブリッドな利用もできる。同社によると、今や大企業でも、モバイルアプリのブーム、マイクロサービス、新世代のRESTベースのサービス指向型アーキテクチャ、といった企業ITの最新動向により、APIをテストすべき機会も増え、したがっって同社のサービスを利用したいというニーズも育っている。とくにEnterpriseバージョンは、大量の社内的API消費向けに調製されている。

Runscope Enterpriseは特定の数社に対する非公開プレビューとして本日(米国時間4/10)ローンチする。数か月後には、一般公開に近いかたちに持っていく予定だ。そのためには、シングルサインオンとかデータ保持ポリシーといった課題をクリアしなければならない。

ここ数年、多くのSaaS企業は、サービスを個別のスタートアップやデベロッパ向けに構築して会員制で売るより、大企業を顧客としてつかまえる方が容易であることに、気づきつつある。Runscopeも、その流れに乗りたいようだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers