%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E5%B0%82%E9%96%80%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88AgFunder%2C%20%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88OnFarm%E3%81%8C%E8%B3%87%E9%87%91%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%AB%E6%88%90%E5%8A%9F

農業専門のクラウドファンディングサイトAgFunder, 最初のプロジェクトOnFarmが資金募集に成功

農業や農業関連の技術をクラウドファンディングで育てるAgFunderが、その最初のプロジェクト、農家のためにデータと分析を提供するOnFarmへの、資金募集を成功裡に完了した。

OnFarmのCEO Lance Donnyによると、匿名の機関投資家1名を含む計6名の投資家が、同社の最初の資金調達ラウンドに対して80万ドルをコミットした。

カリフォルニア州FresnoのOnFarmは、家族の家業であるぶどう農園で育ったDonnyの経験が着想のベースになっている。

ソフトウェア企業で数年を過ごしたDonnyはその後農業へ回帰し、カリフォルニア州Oaklandで灌漑管理技術を売っているPureSenseのCFOになった。

PureSenseで仕事をしながらDonnyは、テクノロジやその関連サービスが農業にもたらす問題に気づき始めた。農業の役に立つと称するツールはたくさんあるが、すべてのデータを分かりやすい形で統合するツールがなかった。

そこで彼は、OnFarmを創業した。Donnyは曰く、“うちには農業のためのIoTプラットホームがあり、農場のさまざまなデバイスからの、それぞればらばらなデータを、一つのソフトウェアプロダクトへ統合している。そういう意味でうちは、農家のためのオペレーティングシステムのようなものだ”。

農業へのテクノロジの利用は、まだ萌芽期とはいえ、投資家たちからの注目を集め始めている。そして、すでに相当額の出口を獲得したところもある。

今月初めには、テクノロジで収穫量を上げるというサービスBioConsortiaが、Khosla VenturesやOtter Capitalから1400万ドルを調達した。またGranular(元Solum)は、Khosla Ventures、Google Ventures、Andreessen Horowitzらからの1700万ドルの初期投資に加えて、さらに420万ドルを獲得した。1月初めには、FarmlogsがDrive Capitalから400万ドルを調達した。中西部のVCであるDrive Capitalは、Sequoia CapitalのパートナーだったMark KvammeとChris Olsenが創業した。

またClimate CorporationがMonsantoに買収されたとき、その11億ドルという巨額の出口から、Founders Fund、Khosla Ventures、Google Ventures、New Enterprise Associates、Index Ventures、Atomicoなどなどの面々が大いに潤った。

Donnyはこう言う: “大農場はテクノロジをかなり採用しつつあり、ここ数年でそのROIも実証され始めている”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers