%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8Cota%E3%81%8C%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E3%82%92%E6%8B%A1%E5%A4%A7%2C%20%E3%83%89%E3%82%A2%E3%81%AA%E3%81%A9%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E7%89%A9%E3%82%82OK%E3%81%AB

ワイヤレス充電器Cotaが距離を拡大, ドアなど障害物もOKに

昨年のDisrupt BattlefieldでデビューしたワイヤレスパワーのパイオニアOssiaが、同社のプロダクトCotaに新たな改良を加え、投資家たちに披露した。この改良により、給電範囲が広くなり、また壁などの障害物の向こうにも給電できるため、日常的な実用性が増した。すなわち今では、あいだに壁やドアなどのある40フィート向こうのスマートフォンに充電できる。

これは消費者製品としての完成度にかなり近づいた、ということを意味するので、なかなかすばらしい。同社は今年の終わりごろに、新しいプロトタイプをお目見えする予定だが、それにはもちろん今回の改良が含まれるだろう。Ossiaは今、Cotaの技術を消費者電子製品のメーカーにライセンスして、彼らの製品(スマートフォンなど)がCotaのトランスミッター(送電機)に対応するよう働きかけている。デバイスとトランスミッターは、ちょうど今の、デバイスとWiFiルータのようにコミュニケーションして、充電をバックグランドで行う。

同社のビジョンは、一家(あるいは小さなオフィス)にCotaのトランスミッターが一台あれば、全員のデバイスを充電できる、という状態だ。同機はまず、超低電力のビーコン信号を使って、充電を必要としているデバイスを見つけ、それから高エネルギーの充電信号を送る。しかも送信に要するエネルギーは、あなたがそのスマートフォンで電話をするとき消費するエネルギーより少ないだろう。距離の延長とドアなど障害物の克服によりCotaは、実際に、一家に(あるいは小さな会社に)一台というビジョンを達成しそうだ。

到達距離がさらに長くなれば、工場などでの需要…遠隔モニタ装置の充電など…にも対応できると思うので、同社にはその方向で今後も頑張ってほしい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
同じ用途(=クックパッド閲覧)で冷蔵庫の扉にタブレット埋め込んでくれないかなぁ、って気がしてます。
Shinzou Yoshida
32インチのタブレット作って,台所のキッチンデスクにしてもらえないかなー.クックパッドを見るのに便利…
Ichiro Mizoguchi
Windows8はそれほど嫌いじゃない(単に慣れただけ?!)んですが、「合計すると12%以上の市場シ…
polly
このアプリ、切実に欲しいです。iOS向けらしいから、Android向けを自分で作るのが吉かなあ。一般…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers