Codecademyがサイトのデザインを刷新; 中上級コース, 職業的プログラミング教育にも進出

次の記事

「3分で旬のニュース」は世界に通用するのか、Gunosyが英語版リリース

ニューヨークで2年前にスタートしたCodecademyは、今ではオンラインのプログラミング入門教育の代名詞だ。

その間同社もさまざまなことを学び、そして今日は、新しいデザインのWebサイトを立ち上げ、入門段階だけでなく中上級のプログラミング教育もできる新しいフレームワークを導入した。

それはある意味で同社の、職業教育としてのプログラミング教育、に向けての第一歩、と言えるかもしれない。つまりそれには、有料の教育サービスによる、プログラミングの特訓クラスやコースワークが含まれ、またプログラマやデベロッパにとって、オンラインでプロフェッショナルな教育を継続的に受けられる“プログラミング教育のワンストップショップ”という性格も持つ。

同社の協同ファウンダZach Simsはこう語る: “いちばんとっつきやすいプログラミング入門サイトとしてスタートしたが、今では入門レベルよりやや上の、プログラミングのより高度な概念も教えていきたいと思っている”。

Codecademyの累積受講者は2400万を超えているが、同社は今、卒業後の彼ら新人プログラマたちの、スキルや職業などの現状を調べている。

Simsによると、新しい中上級コースは、生徒各自がAirbnbのサイトを自分で一から構築する、という課題を軸に展開される。それは、これまでの入門初等教育のやり方とはまったく違う。

codecademy learning environment 4

SimsがCodecademyのブログに書いているところによると、新しいカリキュラムの最初のコースには、“コードブロック”というものの体験的実験的学習、Webページの各部分を実行時に動的に変化させる方法、そしてWeb開発で使われるプロフェッショナルな技術用語の学習などが含まれる。

同社によると、生徒たちはこの新しい教育フレームワークを利用して、新しい社会的および職業的機会をつかむことができる。またそれは、大学や企業、雇用者と被雇用者のネットワークなども仲間に入れた、より広範な職業教育と雇用創出のためのフレームワークを作っていきたい、とする同社の大きなビジョンの、実現に向けての第一歩でもある。

Codecademyは今、世界中の教育者たちに働きかけて、正規教育へのプログラミング科目の導入を進めている。すでにシンガポールとイギリスとマレーシアでは、中学でのCodecademy方式の採用が決まった。とくにイギリスでは中学と高校の両方で、Codecademyのコースが正規カリキュラムに導入される。

これからのCodecademyは、プログラミングの学習者だけでなく、Web開発やプログラミングの職や人材を探している求職者/求人者などからも共有される、人材バンク的な性格も持つようになる。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在204人フォロワーがいます。