Apple%E3%80%81Google%E3%80%81Intel%E3%80%81Adobe%E3%81%AE4%E7%A4%BE%E3%80%81%E5%BC%95%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%8D%E7%A6%81%E6%AD%A2%E5%8D%94%E5%AE%9A%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%81%A7%E7%A4%BA%E8%AB%87%E6%88%90%E7%AB%8B

Apple、Google、Intel、Adobeの4社、引き抜き禁止協定訴訟で示談成立

シリコンバレーを代表するIT企業4社が、会社間の従業員引き抜けを阻止する、引き抜き禁止協定に対する反トラスト訴訟の示談を成立させた。示談条件は公開されていないが、Reutersによると、これで5月に予定されていた裁判は回避される見込みだ。

この集団訴訟は、約6万4000人の従業員を代表するもので、潜在被害額は最大90億ドルに上り、原告団は本訴訟における証拠の有力さから、この数字に確信を持っている。成立した示談条件は公表されていないが、その天文学的潜在被害を踏まえると、支払い額は膨大なものであることが想像できる。

GoogleはTechCrunchに対して本訴訟の存在を認めたが、内容についてはコメントを拒んだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers