%E3%80%90%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%80%91%E6%9C%80%E7%9F%AD2%E5%88%86%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E7%89%A9%E6%B5%81%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%80%8C%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%80%8D%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%B0%8F%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F

【動画】最短2分で利用できる物流クラウド「オープンロジ」創業者の伊藤氏に聞く

tcjtv物流アウトソーシングの新サービス「オープンロジ」の立ち上げ準備に奔走する創業者の伊藤秀嗣氏は、EC事業の立ち上げに10年関わっていた人物だ。流通総額50億円規模のEC事業に創業から入った経験から、「分かりにくい物流をもっとシンプルに」という問題意識で起業した。

オープンロジはEC・通販事業者、企業や店舗、あるいは個人でも最短2分でWebブラウザから利用できる物流のアウトソーシングサービスで、伊藤氏は「物流のクラウドサービス」と説明する。

出荷作業が面倒だったり、配送費用が高かったり、商品の保管スペースがマンションまたは社内の一室で管理していたり、商品の在庫出荷管理がデータ化できていない、といった課題を抱える比較的小規模なEC事業者などが、オープンロジの最初のターゲットユーザーだ。

特徴は管理UIの使いやすさ。一般的な物流サービスだと問い合わせから実際に導入するまで最短1カ月かかるというが、オープンロジは、これを最短2日で出荷できるほどシンプルにしているという。例えば一般にこうしたサービスはB向けなのでWebサイトに料金が書かれておらず、「問い合わせ→見積もり→提案→詳細見積もり→検討→契約→マニュアル→導入準備→利用開始」というステップがあるそうだ。導入後の入庫手続きも煩雑になりがちだという。オープンロジは、透明でシンプルな料金体系と手続きの簡略化で、小口や潜在顧客層を初期ターゲットとするという。

TechCrunch Japan編集部では、ゴールデンウィーク明けにもベータ版サービスを始めるというオープンロジの伊藤秀嗣氏に話を聞いた。サービス説明(約3分)と質疑の様子(約3分)は以下の通り。これは、新たに始めたTechLunchシリーズの第1弾の動画インタビューだ。

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers