%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89Yelp%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%923%E3%81%A4%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84

こうなったらYelpはアプリを3つにするしかない

今日(米国時間5/1)午前Foursquareが「真のYelpキラー」になるべく、アプリを分割すると発表したことを受け、ライバルYelpに対してわれわれは次の言葉を贈る:「こうなったらアプリを3つにしてしまえ」。

The Vergeが鋭く指摘しているように、位置情報の共有が、「自撮りの共有やリンクの共有やツイートの発信」ほどの人気になることは決してない。

Foursquareの新しい弟、Swarmと対等戦うために、Yelpはその中核であるレビューサービスを「レストランレビューのTwitter」へと転換して、レビュー投稿の殆どがマイクロブロギングSNS上で起きるように仕向けるべきだ。次に、相棒の自撮りアプリ、Selfoodを開発して最近のグルメ十代たちにアピールし、最後に匿名アプリのSnuffを作ってさらにウェブトレンドを活用する。

Yelpも、その「単アプリ方針」から脱脚すべきだ。もちろん3つでやめる必要はない。Snapchatも今日、アプリを1つ公開しており、これも潜在的脅威だ。そうだ!SnapYelpだ。 もうやけだ ― Yelpはアプリを5つにすればいいイノベーションのスピードに追いつくためにはそれしかない。

かつてFoursquareのバッジとチェックインをすかさず真似たYelpが、もし46億ドルの時価総額を正当化したいと思うのなら、アンバンドリング[アプリ分割]ブームに乗る必要がある。 いまや「生まれながらのモバイル」とは、双子か三つ子を意味するのだ。

それが未来だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 123 other followers