%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8BVhoto%E3%81%AF%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%8C%E4%B8%8B%E6%89%8B%E3%81%AA%E4%BA%BA%E3%81%AB%E6%9C%97%E5%A0%B1

ビデオからベストショットの写真を作るVhotoは写真が下手な人に朗報

写真は、われながらへたくそだ。ぼくは、世界最悪の写真家として有名だ(実際にそういう賞がある)。でもVhotoという新しいiOSアプリは、そんなぼくを救ってくれるかもしれない。

Vhotoは独自の技術を使ってビデオの中の最良の画像を見つけ、それをスチール写真にする。タグをつける、シェアする、ほかの人の写真を見つける、などのソーシャルな機能もある。

ビデオは、Vhotoのカメラアプリを使って撮ってもよいし、あるいは既存のビデオをVhotoにアップロードしてもよい。Vhotoは20種類の測度でビデオを調べる(ぼけ、コントラスト、顔、微笑、ユーザの意図、そして同社CEOのNoah Hellerが“めずら発見器(novelty detector)”と呼ぶもの、などなど)。めずら、とは、珍しいもの、ほかのフレームとは相当に違っている画像のことだ。

Hellerは曰く、“うちには、写真とビデオの違いなんかクソくらえ、という哲学がある。Vhotoはどんなビデオでも調べてグレートなショットを見つけ、それの短いクリップを作る”。

元がビデオだから、すべてが自然で、かまえたり、ポーズを決めたりしなくても、セルフィーもアクションシーンも自然な表情もグループ写真もすべて、簡単にスチールとして捕捉できる。

HellerはMicrosoftでXboxのソーシャル機能の設計とプロマネをやっていたが、その後ActivisionでSVPとして大ヒット作Call of Dutyを担当した。2012年に、陽の光降り注ぐカリフォルニア州サンタモニカからボストンに移って、Atlas Ventureの社員起業家の地位に就いた。

Atlasの起業家社員としてHellerは、その後Vhotoへと成熟するアイデアを温め、AtlasやPolaris Partners、同社の協同ファウンダで会長のHugh Creanらから240万ドルの初期資金を得た。

“プロの写真家が細心の注意をして撮った写真だけが良い写真ではない。むしろ、何千何万もの画像を調べるフォトエディタがあれば、そこから最良の写真を見つけることができる”、とHellerは言う。Vhotoは彼にとって、そんなフォトエディタなのだ。

“ビデオはとても強力なメディアだから、そのうち必ず、支配的なメディアになる。ビデオのパワーをよく知ってることが、うちの強みだ”、と彼は言う。

Vhotoは今、AppleのApp Storeで無料だが、今後はビデオのアーカイビングや画像検索などの機能のあるプロ用バージョンも提供する予定だ。

VhotoのCTO Jay Bartotは声明文の中で次のように述べている、“機械学習のアルゴリズムを利用して、ユーザの好みを知ることができる。Vhotoはコンピュータビジョンと機械学習を結びつけて、すばらしい結果を作り出す。それは、ふつうの単なるスチール写真からは得がたいものだ”。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers