WordPress%E3%81%AEAutomattic%E3%81%8C%E5%A4%A7%E6%9E%9A%24160M%E3%82%92%E8%AA%BF%E9%81%94%2C%20%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%84%E3%82%88%E5%9E%82%E7%9B%B4%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AD%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E3%82%92%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%81%8B

WordPressのAutomatticが大枚$160Mを調達, いよいよ垂直市場ねらいで利益基盤を強化か

WordPress.comとオープンソースのWordpressプラットホームを抱えるAutomatticが今日(米国時間5/5)、Insight VenturesやTrue Ventures、Chris Sacca、Endurance、Tiger Global Management、IconiqなどからシリーズCで1億6000万ドルを調達した、と発表した

WordPressにとってこれは、ニュースとして取り上げる価値のある大金だ。資金調達そのものが前回の2008年以来久しぶりだし、しかもそのときの額は“わずか”1200万ドルだった。その理由としてAutomatticのCEOでファウンダのMatt Mullenwegは曰く、“今年の初めにCEOになったとき、WordPressの資金状況が実は切迫していることが分かった”。

彼は、“一年前には、‘WordPressは健全であり、利益をあげており、成長も順調だから、新たに資金を調達する必要はない、うちは資金的に厳しい状況ではない’、と思っていた”、が、しかし今では違う見方をしている。

WordPressはこのところ、何かの節目に達しているようだ。一部のデータによると、同社は世界の上位1000万のWebサイトの22%が使っている(本誌TechCrunchも)。 でも今のWordPressは、数年前の使いやすいブログプラットホームから大きく成長して、本格的なCMSだ。

でも最初からCMSとして設計されたソフトウェアではないから、難しい側面もある。そもそもこのような、青虫から蝶への変身は、ユーザサイドで、デザイナーやデベロッパたちがWordPressにいろんな機能を付け加えていって、自然に起きたことだ。たとえば商用化されているWordPressのテーマも、2年前と今では相当違う。WordPressはそうやって、ユーザパワーで成長してきたのだが、それに伴って次第に複雑なソフトウェアになってきた。今ではこのプラットホームの上で、単純なWebページも作れるし、ユーザ数何百万というプロフェッショナルな、雑誌のような出版物も運営できる。

そのため今のWordPressは、そのほかのブログプラットホームとではなく、小企業向けのWebサイト構築ツール(Squarespace、Wix、Weeblyなど)と競合しなければならない。お仲間だったブログプラットホームの方は、TumblrやTwitterのような、より単純なプラットホームが人気になったため、やや影が薄くなっているが、Webサイト構築サービスの方は今も資金調達を積極的に行っている。WordPressも最近徐々に、レストランやホテル、学校、ミュージシャンなど、専門分野のサポートを始めているが、まだそれほど本格的に力を入れてはいない。たとえばバックエンドの特化や、これら垂直市場をサポートするための機能の導入などはやっていない。まあ、やっているのはテーマの提供ぐらいだ(各分野向けのテーマを提供していたのだから、これらの専門分野を完全に無視していたわけでもない)。

テーマなどで努力はしていても、これら専門的なユースケースを新しい収益源に育てることは未着手だ。WordPress.comの中心的な機能は、今でも無料だ。自分のドメインネームが欲しかったり、大量の画像やビデオをアップロードしたり、CSSのコードを変えるなどの場合だけ、料金が発生する。

しかし今回の巨額な資金を、同社の新たな利益基盤の構築のために使うことができれば、WordPressの経営体質はこれまでになく頑健になり、それこそ今後当分は新たな外部資金などいらなくなるだろう。基本的なフリーミアム形式は今後も維持されるだろうが、このプラットホームのいろんなところに、本格的な収益化に結びつけられるものがたくさん転がっている。とくに今後重要なのは、さまざまな垂直市場だ。彼らにテーマを提供するだけなのは、もったいない。

Mullenwegは、競合他社に対する同社のアドバンテージが、オープンソースであることにある、と信じている(他社は多くがクローズドソース)。オープンソースだからこそ、プラグインやテーマなどでユーザ貢献の部分が大きく成長したのだ。しかしそれと同時に、これだけ多様なユーザ層を満足させなければならない、ということが同社の大きな負担になってきた。Re/CodeのインタビューでMullenwegは、先頭走者の位置をキープし続けるためには、“イノベーションの継続が何よりも重要、うちの市場はものすごく大きいのだから”、と言っている。

今回の大きな資金によってWordPressは、元々料金を払える体質を十分に持っている各種垂直市場(企業など)への働きかけを本格化し、そういう取り組みをやっていない競合他社(ブログプラットホーム~Web構築~CMS)を、大きく引き離すことができるだろう。

画像クレジット: Flickr/mkhmarketing; CC 2.0 licenseのライセンスによる。switch up

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
Hitoshi Anatomi
iPhoneのように生体認証でもパスワードでもロックを解除できるような仕組みにしておいて「これでパス…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers