Apple%E3%81%AF2020%E5%B9%B4%E3%81%AB%E6%B2%A1%E8%90%BD%2C%203%E4%BD%8D%E3%81%AE%E5%BA%A7%E3%82%82%E7%84%A1%E7%90%86--USV%E3%81%AEFred%20Wilson%E3%81%8C%E5%A4%A7%E8%83%86%E4%BA%88%E8%A8%80

Appleは2020年に没落, 3位の座も無理–USVのFred Wilsonが大胆予言

テク系VCのトップ企業の一つであるニューヨークのUnion Square Venturesの協同ファウンダFred Wilsonが、今日(米国時間5/5)のTechCrunch Disrupt NYCのステージに登場して、2020年にはAppleは今のような最大かつ最重要なテク企業ではなく、トップスリーにすら入っていないだろう、と語った。

彼の予言によると、2020年における三大テク企業は、GoogleとFacebook、そしてあと一つは“今は無名もしくはまだ存在していない企業だ”そうだ。

なぜか? Appleは、彼によると、“ハードウェアへの依存度が大きすぎる。クラウドが弱い。今のままでこれからも進化を続けることは、あまりにも難しい”。

“今後ハードウェアはますます、ブランド品ではなくジェネリックなコモディティ(commodity, 無印日用品)になっていく。今Appleがクラウドでやってることは、どれも良くない。彼らがデータやクラウドについて真剣に考えているとは、思えない”。

一方Twitterは、彼の考えでは、“4位か5位か6位か7位、2位3位は無理かもしれない”。

Appleの株価は過去12か月で31% も上がっているし、iPhoneやiPadの売上も好調だ。Wilsonの説は、これに真っ向から反している。

でもまた同時に、今ではスマートフォン市場でAndroidがiOSに大差をつけてトップだ。SamsungなどAndroid陣営の上位ハードウェアメーカーも、新規ユーザの獲得数ではAppleを抜こうとしている。

たった6年で彼の言うように形勢が逆転するとしたら、たしかに驚きだが、人気企業が急に没落する例は過去にもあった。そして結局盛り返せなかったYahooは、今年はついにFortune 500企業からも脱落、と予想されている。今年のリストの発表は6月だ。

今やどこへ行ってもワンパターンで言われるようになった言葉: “ソフトウェアが世界を食べ尽くす”も、もう一人のトップVC、Marc Andreessenの作だ。この言葉はこれから何年にもわたって、ますます真実味を増していくだろう。そしてハードウェアに関しては誰もが、単なるコモディティとしか思わなくなるのだ。

ステージで本誌TechCrunchのファウンダMichael Arrington(彼も今はVC)と対談したWilsonは、3位がどこになるかは分からないけど、“うちが筆頭投資家であってほしいね”、と言った。

〔余計な訳注: ちょっとドギツイことを言って、メディアに取り上げてもらうのが、このような談話での定石。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

あうあう
それでもバカはカツアゲをするし、心の弱い奴はカツアゲされても文句を言わずにカツアゲされ続ける。バカな…
hakujira
確かに引き出し手数料だけではどう考えてもペイしないので客寄せなんでしょうね....。
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers