1%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E7%94%A8Web%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%92%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%81%A6%2C%20%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E3%81%99%E3%82%8BFacebook%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%84ML%E9%80%81%E4%BB%98%E3%82%82%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%82%8BSmore

1ページの宣伝用Webサイトを簡単に作れて, さらにそれを宣伝するFacebookページやML送付もやってくれるSmore

TechStars Seattle出身で、プロモーションなどのための1ページだけのWebサイトを簡単に作れるSmoreが、シード資金170万ドルの調達を今日(米国時間5/6)発表した(一部転換社債)。このラウンドを仕切ったのはFounder’s Co-op、これにGreylock Partners Israelと、さまざまなエンジェルたちが参加した。

このサービスの対象は主にWeb開発技術のない人たちだが、登録ユーザは50万あまりおり、これまでに100万あまりの‘ちらし的Webサイト’が作られた。利用と売上は各月15~20%の高率で伸びている。

editor

同社はユーザに、1ページWebサイトのほかに、Facebookのページやメーリングリストを管理するツールなど、コンテンツをオンラインで宣伝するためのツールも提供している。ユーザは自分のちらし的ページを作る際、Smoreが提供しているテンプレートとWYSIWYGのオンラインエディタを利用できる。またSmoreは、ユーザが作ったページのアクセス分析データ(ページビューなど)も提供している。

今回得た資金は、既存ツールの改良のほか、さまざまな垂直市場の開拓に使いたい、と同社は考えている。同社はすでに、スタイリストたち教育者向けのプランを提供している。また、同社上のプロモーションをほかのプラットホームへプッシュできる機能の新設や、メーリングリスト機能の改良も考えている。モバイル上でコンテンツを作成できる機能も、近く提供される。

Smoreには30日の無料試用期間があるが、そのあとは有料になる。月額19ドルのベーシックプランでは、最大で各月5つのページを公開できて、MLは1か月2500名まで。もっとも高価格のプランは月額99ドル、各月のページは30、MLは3万名、メールの追跡などのサポートもある。

analytics

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers