Apple、光学手ぶれ補正をiPhoneの「超高解像度」写真に応用する特許を申請

次の記事

日本で3Dプリンターでピストルを製造した男が逮捕―何で作ろうと銃は銃

Appleが、iPhone等のデバイスで利用するための光学手ぶれ補正技術を開発中であることが、USPTO(米国特許商標局)への申請書類からわかった(AppleInsiderが発見した)。これによって、将来のiPhoneでは複数のコマ(画像)を合成して1枚の写真にすることで、画像の解像度を著しく高めることが可能になるかもしれない。

これは、一般的な光学手ぶれ補正技術の利用方法とは少々異なる。通常は、内蔵カメラを移動させることによって、わずかなカメラのぶれを補償するために用いられる(対してデジタル方式では撮影後の処理によって行う)。この新システムは、同種の光学手ぶれ補正機能を使って、短時間に角度をわずかに変えながら連続撮影したものを合成することによって、「超高解像度」画像および色再現やディテールの改善を実現する。

この光学安定化機構は、超高解像度合成を行うのと同時に、通常の手ぶれ補正機能としても働くため、両方の世界で最高の結果を得ることができる。もし製品化に成功すれば、モバイル写真のリーダーになるべく優れた取組みを続けるAppleのにとって、新たな一歩となるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在183人フォロワーがいます。