%E5%90%84%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%81%AA%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8BTrackVia%E3%81%8C%E9%AB%98%E3%81%84%E6%88%90%E9%95%B7%E7%8E%87%E3%82%92%E7%B6%AD%E6%8C%81%3B%20%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%84%E3%82%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BAC%E3%81%8B

各企業のカスタムなモバイルアプリを作るTrackViaが高い成長率を維持; 今年はいよいよシリーズCか

【抄訳】

2013年には前年比50%の成長を遂げた、モバイルアプリケーションビルダーTrackViaが、今年2014年は100%の成長率を目指している。同社によると、今まさにそんな軌道の上を走っているそうだ。

企業はTrackViaを利用して、社員たちが使うモバイルアプリケーションを簡単迅速に作れる。自社でデベロッパのチームを雇わなくても、TrackViaが会社の情報ストリームに組み入れられるようなアプリを手早く作って展開してくれる。料金は、一人あたり月額25ドルだ。

本誌TechCrunchは同社を初期からずっと追ってきて、同社の資金調達はシリーズAシリーズBも報じた。

その同社が今度は、SaaSという大きな業態の中で、また新たな熟期を迎えたようだ。マーケットは、ソフトウェアサービスを企業に提供する企業に大金を投じてきたが、このところ小休止の感がある。でも余裕のあるTrackViaは平気だ。同社は、今年の終わり頃になったらシリーズCで150万ドルぐらいを調達しようかなぁ、と何度かのインタビューでほのめかしている。

大企業向けのSaaSはこぞって調達額が大きい中で、TrackViaはなぜそんなにささやかな額なのか? もっと多くてもよいのではないか? でも同社によると、同社の資金需要と評価額からすると、150万ドルが妥当な線なのだ。また当然ながら、同社の希薄化食欲もそのあたりだ。

その資金の60〜70%は、営業とマーケティングの強化に向かうだろう。つまり、成長のための資金だ。

TrackViaの対象企業は、社員数100から1000、それが同社のサービスにとって無理のない規模だ。これより小さいとアプリをなかなか内製しない。逆にこれより大きいと、自分のところでチームを作った方がTrackVistaの料金表より安上がりになる。今同社は、一社あたり平均3つのアプリを作っている。

同社はまだ利益が出ていない。同社は書面でこう言っている: “弊社は今、成長を優先している。業界のトップを走るSaaSとしては、まだまだ成長と拡大に資金を投じていく必要がある。誰かが言ったように、弊社は今、‘アクセルをペダルが床につくほど踏み込んでいる’”。それが今の同社の基本方針だ。成長を優先すれば、どの企業でも利益が犠牲になる。Egnyteのように、その長いトンネルの出口が見えてきた企業もある。Egnyteは、本年第四四半期には黒字転換になりそうだ、という。

プロダクトに関しては、今後のTrackViaは、いろんなデータソースを統合化して、より便利で有益なアプリケーションを企業に提供していきたい、と考えている。ただしプロ向けのサービスではなく、あくまでも末端の社員の役に立つアプリケーションを作っていきたい。

画像: FLICKR/Larry Johnson; CC BY 2.0のライセンスによる(画像はトリミングした)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers