ドクター・ドレー、AppleのBeats買収を認める? 自らを「ヒップホップ初のビリオネア」と呼ぶ

次の記事

空き駐車スペースを「売る」MonkeyParkingに賛否噴出

「Mr Beats本人と一緒にBeatsを聞くなんてめったにあるもんじゃないぜ」と、ミュージシャン、タイリース・ギブソンのの自撮りと思われるビデオは始まる。彼は昨夜ドクター・ドレーと一緒にいた。

iPhoneメーカーが音楽ストリーミング会社を32億ドルで買収するとFinancial Timesが報じて以来、両社の間で何が本当に起きているのか、AppleからもBeatsからも正式な確認は得られていない。しかし、Beatsの共同ファウンダーの一人であるドクター・ドレーは、情報の透明性に関して別の考えを持っているようだ。

他の連中とふざけながらギブソンは、Beats/Apple のニュースをネタにしたビデオを始める。「ホントにビリオネア・クラブ入りだぜ、おい・・・Forbesのリストも変わる!・・・」

「そう大々的に」とドクター・ドレーが再び加わる。

「ヒップホップで最初のビリオネアが、ここ西海岸に!」と、後に立っているドレーは言う。

冗談が本当になった、YO!

写真とオリジナルビデオTyrese Gibson

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在206人フォロワーがいます。