%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8CTwitter%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B

ミュートがTwitterをつまらなくする

Twitterに初めてはまった時のことを覚えている。2008年にオレゴン州ポートランドでClicky Web Analyticsの男と一緒に、TechCrunchカンファレンスのライブストリームをソファで見ていた。Twitterには、前年の夏、Brass Magazineでインターンをしていた時に入ったが、殆ど興味がなかった。

あの日カンファレンスで起きていることに関して、私がとめどなく書き続けた意見を、個別にではなく自分をフォローしている人たち〈全員〉が見てくれていることに気付いた時、私ははまった。あの8人のフォロワーたちは喜んでくれたに違いない。違うかもしれないが。

今日(米国時間5/12)Twitterは、フォローしている人の発言を表示しないミュート機能を提供開始した。これは、誰かをフォローして、自分にDMを送る権利は与えるが、その人の発言は読まないことができる、という意味だ。

私の直感的反応は、これでTwitterはつまらなくなるだろう。これまでは、誰かに消えて欲しければ、ブロックするかアンフォローするという決断を下さなくならなかった。デジタルな関係から半分逃がれようとしたことがバレる、「予期しない」アンフォローの物語はTwitterに数多ある。これからは、罰を受けることなく関係を半分断つことができる。

もはやわれわれは「フォロー返し」の世界には住んでいないが(ありがたい)、以前は誰かをフォローすることは、まさしくそういう意味だった ― 思想、批判、悪い冗談、リンクの一式を受け入れる。プロフィール画面の「あなたをフォロー中」表示には意味があった。これからは違う。

フォロワー数は無意味になった。そして、何らかの理由で誰かをフォローしてその全フィードを受け取る代わりに、これからは社会的慣例としてDMの権利は与えるが、面倒や不愉快や退屈なメッセージを見ないことか可能になる。これによって、よりよい情報が得られるようになったり、より面白くなるとは思えない。

私にはリスクがある。私はTwitterの中でうるさい方の人間だからであり、そのことを自覚している。しかし、友達との間にはルールがあった。私をフォローしなくても全く問題ない、なぜならバカみたいにうるさいから。フォローされなくても怒らない。このルールは気に入っていた。えせフォローには何の意味もない。自分にもお互いにも嘘をつくことになる。

実生活で尊敬している人が、Twitterで自分をフォローしていることに気付き、あなたは一日中ヘビーメタルのジョークばかりツイートしていた時、ちょっとしたパニックを起こす瞬間がある。しかし、選んだのは先方だから、全部を見られるのは仕方がない。誰かをミュートすることはアンフォローするよりも簡単なので、みんな前ほど自由にツイートしなくなるのではないだろうか。これまでアンフォローはしなかった相手からミュートされることを心配して。

これからは、誰かが自分を本当にフォローしたいのか、単なる儀礼なのか、政治的なのか、他の理由なのか知ることはできない。フォローの正直さがなくなり、よってTwitterが私たちの中に生じさせていた正直さもなくなる。

ミュート結構。しかし、もう昔のTwitterか懐しい。

IMAGE BY FLICKR USER Grey World UNDER CC BY 2.0 LICENSE (IMAGE HAS BEEN CROPPED) 

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers