Samsung%E3%80%81Google%20Glass%E5%AF%BE%E6%8A%97%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%82%929%E6%9C%88%E3%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BA%88%E5%AE%9A%3F%21

Samsung、Google Glass対抗製品を9月にリリース予定?!

まだいろいろな縛りがあるらしいものの、Google Glassはかなりの人が自由に入手できるプロダクトとなってきているようだ。いろいろなハードルがありながらも、一応は「パブリック」なプロダクトとなった様子。そのような状況の中、Googleのライバルたらんとする競合メーカーも同様のデバイスをリリースする予定にしているらしい。Business Korea(via Business Insider)が伝えるところによればSamsungの従業員から「Gear Glass」という名前のデバイスが、今秋にベルリンで行われるIFAエレクトロニクスショーに出品されるという情報が寄せられたとのことだ。

「Gear Glass」というのはアイウェア部分とイヤホン部分を備えたヘッドセットデバイスであるとのこと。Samsungが推進するTizen OSを搭載したものなのだそうだ。Tizenは現在Samsungの腕時計型デバイスのGearシリーズで用いられている。昨年リリースされた第一世代のGalaxy Gearシリーズから、OSの変更があったわけだ。ウェアラブルデバイスについてみた場合、Tizenには消費電力が低いというメリットがある。充電器に繋いでおく時間が、より短くて済む。

ちなみにSamsungは、ウェアラブルデバイスについて「Gear」というシリーズ名を使用していく意向であるようだ。発表されるらしいGear Glassについては、この「Gear」という名称を使うらしいということ以外、実は詳細がわかっていない。ただ「Glass」の名前が示すように、インタフェースや利用法については、Google Glassと同じようなものであると想定して良いようだ。

今や、あらゆる企業がGlass型デバイスの開発を行っていると言っても過言ではない状況だ。マイクロソフトやAppleなどは各種関連特許を申請中で、EpsonやSonyなどもプロダクトのリリースを予定していると伝えられている。「マーケット」が確立する前に、そのシェアを奪い合う状況が生じつつあるといえるかもしれない。しかし企業というものは、新しいアイデアに飛びつくのがその使命だということもできる。自社の成功が保証されていないにしても、チャレンジせずにはいられない分野であるといえるのかもしれない。

*注:冒頭に掲載している写真は、ずいぶん前にSmasung Glassとして提示されたもの。リリース予定とされるデバイスのものでないことはご注意いただきたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
同じ用途(=クックパッド閲覧)で冷蔵庫の扉にタブレット埋め込んでくれないかなぁ、って気がしてます。
Shinzou Yoshida
32インチのタブレット作って,台所のキッチンデスクにしてもらえないかなー.クックパッドを見るのに便利…
Ichiro Mizoguchi
Windows8はそれほど嫌いじゃない(単に慣れただけ?!)んですが、「合計すると12%以上の市場シ…
polly
このアプリ、切実に欲しいです。iOS向けらしいから、Android向けを自分で作るのが吉かなあ。一般…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers