Qualys%E3%80%81%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AEWindows%20XP%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AF10%25%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%81%AB%E6%B8%9B%E5%B0%91%E3%81%A8%E7%99%BA%E8%A1%A8

Qualys、エンタープライズのWindows XPのシェアは10%以下に減少と発表

セキュリティー企業のQualysが調査したデータによると、エンタープライズ市場でのWindows XPのシェアは減少を続け、4月には10%だったが、5月に入って8%台にまで下がったという。

10年以上前に発表されたWindows XPについてMicrosoftはさきごろついにサポートを打ち切り、脆弱性を修正するパッチの提供も停止した。NetMarketShareによれば、Windows XPは現在でも世界でデスクトップ・コンピュータの25%のシェアを占めているという。

エンタープライズのXPのシェアがMicrosoftのサポート打ち切り後ほぼ1ヶ月で10%以下になったというのなら良いニュースだ。Qualysによれば、このペースで減少が続けば、4ヶ月後には大企業におけるWindowsXPのシェアはゼロに近くづくという。もちろんいろいろな事情でそういうことにはならないだろうが、グラフは確かに右肩下がりだ。.

Qualys graph

Windows XPは大きなセキュリティーリスクだ。このことは最近のIEのゼロデイ脆弱性でもはっきり示された。同様の深刻な脆弱性が今後とも浮上する危険性は高い。大量のユーザーデータをかかえている大企業がパッチを当てていないWindows XPを使い続けることは社会にとっても大きなリスクとなる。

過去数ヶ月のindows XPのエンタープライズ市場でのシェア(Qualysのデータ)

  • Jan 2013 – 34%
  • Feb 2013 – 35%
  • Mar 2013 – 34%
  • Apr 2013 – 31%
  • May 2013 – 29%
  • Jun 2013 – 26%
  • Jul 2013 – 28%
  • Aug 2013 – 26%
  • Sep 2013 – 21%
  • Oct 2013 – 18%
  • Nov 2013 – 18%
  • Dec 2013 – 17%
  • Jan 2014 – 16%
  • Feb 2014 – 14%
  • Mar 2014 – 12%
  • Apr 2014 – 10%
  • May 2014 – 8%

画像はFLICKRユーザー:AUSTEN SQUAREPANTS UNDER CC BY 2.0 LICENSE (IMAGE HAS BEEN CROPPED)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers