Apple%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E5%86%85%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%E4%B8%8D%E5%90%89%E3%81%AA%E4%BA%88%E6%84%9F%E3%81%8C

Appleはアプリ内購入のための宣伝コードを認めるのか?不吉な予感が

AppleのApp Storeでは前からデベロッパが宣伝のためのコードを作ることができた。アプリ内購入も、ずっとサポートされている。

でも、アプリ内購入のための宣伝コードはどうか? そいつはちょっとクレージーだ。ユーザの仮想猫に与える仮想キャットフードの試供品を宣伝するコードをユーザに見せたいって? あんた、あたまおかしいんとちゃう?

でも、それも変わるかもしれない。

まだ本格的に展開されていない機能のようだが、Appleはゲームの大手Electronic Artsに対して、最新のレーシングカーゲームReal Racing 3の中の、(通常は2ドルの)ゴールドの無料試供の宣伝コードを許容するようだ。MacRumorsの記事によると、148AppsのJeff Scottが、証拠のスクリーンショットを数枚持ってるらしい。

real racing

この話のいちばんおもしろい部分は、ユーザがそのアプリをインストールしていなくても、この宣伝コードを使えることだ。すでにインストールしていれば、そのアプリ内購入がアンロックされる。インストールしていなければ、そのアプリが自動的にインストールされる(下図)。

rr download

これの何が重要なのか? 何がって、とっても効果的な宣伝方法だからだよ。誰かに宣伝コードを見せて、“アプリをどうぞ!”と言うのなら、まあふつうだけど、ここでは“アプリをどうぞ!”だけではなくて、アプリ内購入の無料試供品の宣伝を、まるでそのユーザだけの特典のようにもちかける。楽勝の売り方だ。

しかしまずいのは、低額のフリーミアムモデルをその気にさせてしまって、App Storeの上位がすべて、ユーザが勝つか飽きるかするまで彼/彼女のおさいふから小額を盗み続けるこそ泥になってしまうことだ。そんながめつい遊覧船が、先ほど出航してしまった。どうする?

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。
Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。