Ethernet AVB規格によるホームオーディオシステムBrick & Bulletは遅延のないリアルタイムを実現

次の記事

イギリスのAmazon Musicがサイトを1994年ふうに模様替え, Oasisの20周年記念アルバムを宣伝

AirPlayなどのワイヤレスホームネットワークでオーディオを聴くと、遅延があることに気づく。[play]をクリックしてから数秒後に、音楽がスタートするのだ。通常の録音された音楽はリアルタイムではないから、それでもかまわない。でも住宅やビルなどの中でライブの音楽をブロードキャストしようとしたり、映画を見てるけどオーディオシステムのせいで音が同期してない、なんてときには、困ってしまう。

今日Kickstarterに登場したBrick & Bulletは、Ethernet AVBという規格を使うことによって、消費者に遅延のないオーディオストリームを届けようとする。そのハードウェアを使うと、遅延のないプレイバックが可能なのだ。このプロジェクトを作ったJohn Gildredと彼の会社AVB.ioは、今週末サンフランシスコで行われるMaker Faireでデビューする。

brick

上のビデオでは、Brick & BulletとAirPlayの従来的なセットアップを比較している。使用しているルータはAirport Express製だ。たしかに、ずっと良いシステムだし、Airfoilなどのソフトを使ってAirPlayの特殊な使い方をしたいときに起きがちなトラブルを解決してくれる。OS XはAVBをデフォルトでサポートしているから、Maverickが動いているMacなら、すぐにBrick & Bulletを使える。

基本的にこれは、オーディオが最高のクォリティでなければならないという、特殊な、というかニッチなニーズのための製品だが、でもAVBはいずれ、音楽やオーディオのプロたちや、マニアたちの、デジタルメディアとのつきあい方を、一変させてしまうだろう。

支援者にはBrickが最初は300ドルで提供される。Brick一つとBullet二つのセットが850ドルだ。ちょっと興味がある、という程度の人には手が出せないだろう。発売予定は9月で、Brickはすでに本番生産が可能だが、Bulletの最終デザインはこれからだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在245人フォロワーがいます。