AT&T、衛星放送のDirecTVを500億ドル近くで買収

次の記事

1クリックで給与計算、専門知識いらずのクラウド会計「freee」に新機能

ここ数週間の噂通り、AT&TはDirectTVの買収を正式に発表した。

買収金額は1株当たり約95ドル、総額485億ドル。

これにDirecTVが抱える190億ドル近い負債を加えると、AT&Tはこの取引に670億ドル近くを費やすことになる。

DirecTVは、買収成立後も少なくとも当分の間、(ほぼ)独立会社として運営される見込みだ。本社は引き続きカリフォルニア州エルセグンドに置かれ、AT&Tは今後最低3年間、DirecTVのスタンドアロンサービスを提供すると約束している。

次のステップは? AT&TとDirecTVは、数多くの規制当局(米国およびDirecTVが大きな顧客基盤を持つ中南米 ― 売上の約20%をここから得ている)に対して、この合併が良いアイデアであると説得しなければならない。AT&Tは、これに12ヵ月以上を要すると予想している ― つまり、買収がマイナス方向に働くことを心配している人は、それが起こるまでに少なくとも1年かかることをご承知あれ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在230人フォロワーがいます。