%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3VR%E3%81%AESurvios%E3%81%8CFacebook%E3%81%AB%E8%B2%B7%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9FOculus%E3%81%AB%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%98%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%244M%E3%82%92%E8%AA%BF%E9%81%94

次世代VRのSurviosがFacebookに買われたOculusに負けじとさらに$4Mを調達

次世代仮想現実(virtual reality, VR)技術の先駆企業、サンフランシスコのSurviosが、シリーズAで400万ドルを調達した。今朝(米国時間5/19)VentureBeatが報じたこの投資ラウンドは、Shasta Venturesが率い、同社ファウンダのRob ConeybeerがSurviosの取締役会に加わる。このラウンドには、Mavent PartnersのMichael Chang、World Innovation LabのGen Isayama、そしてFelicis VenturesのRenata Quintiniが参加した。

Surviosの資金獲得は、言うまでもなく、Oculus Riftヘッドセットを作っているVRスタートアップOculusをFacebookが20億ドルで買収したことへの対抗だ。OculusとSurviosはどちらも南カリフォルニア大学の混成現実研究所(Mixed Reality Lab)から生まれたプロジェクトで、OculusのファウンダPalmer Luckeyも同研究所の出身だ。しかしSurviosを‘次世代VR’と呼びたくなるのは、その”Kinect + Oculus-Rift”のような性質のためで、人間の物理的な動きに反応できるからだ。そのため3Dの仮想世界の中に人間が実際にいるような感覚を、その没入型のヘッドセットを介して人間ユーザに与える。

先月、本誌TechCrunchのライターKim-Mai CutlerがSurviosの本社を訪れ、同社のVR技術を実際に体験した。今それは、ゲームへの応用を試行している。Survios体験は今すでに、かなりすばらしいもののようだが、自由に使える400万ドルを手にした今後は、応用系のさらなるスケールアップが期待される。とりあえず、下のビデオをご覧いただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

NNNNNLS
それをどうにかするのが開発者の仕事だろ
Hitoshi Anatomi
咄嗟の事態に臨んで指が汚れていたりして本人拒否された場合のことを考えているのでしょうか。
maeda hiroaki
ご指摘をありがとうございます。該当箇所含め、訳文を訂正させていただきました。
YUKI
原子力の問題は、コストとか効率云々の話ではないと思います。 まず、1回動かしたら簡単には止められない…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers