%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%82%92%E9%87%8D%E8%A6%96%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3Blackphone%E3%81%8CSilent%20Circle%E7%A4%BE%E3%81%AB%2430M%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%B3%87%E9%87%91%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%93%E3%82%80

プライバシー保護を重視したスマートフォンBlackphoneがSilent Circle社に$30Mの新資金を呼びこむ

暗号化通信の専門企業Silent Circleがさきほど、新たな資金調達ラウンドを発表したが、その目的は同社のプライバシー保護を強化したスマートフォンBlackphoneの需要増に応えるため、という。この、堅固なセキュリティを誇るAndroidハンドセットは、スペインのGeeksphoneとの共同開発だ。

今の、いわゆるポストSnowdenの時代には、プライバシーが新しいホットな投資分野としてもてはやされているようだ。しかもSilent Circleは昨年の夏に、同社の暗号化メールサービスを、NSAのスパイ行為が露呈したため、そして政府による盗み見行為への共謀を自ら断つために、自主的に閉鎖した。そういう意味では今回の資金調達は、同社にとって時宜にかなったもの、と言えよう。

セキュアなメールサービスを収益源とすることをやめたSilent Circleは、その焦点をセキュアなモバイル通信技術に変え、そしてその、企業としての思い切った意思決定が、新たに大きな資金獲得機会を招いたのだ。

その3000万ドルのラウンドを率いた投資家は、Ross Perot Jrとプライベート投資ファンドCain Capital LLCだ。

Perot Jr.とBritish Telecomの元CEOで会長のSir Peter BonfieldがSilent Circleの顧問団に加わり、元Dellの上級役員だったAnurag Jainが、顧問団の副会長に任命された。

Silent Circleによると、新たな資金はBlackphoneの、同社の言葉を借りれば“圧倒的に膨大な需要”に応ずるために使われる。そしてそれによって、セキュアな通信の市場における同社の成長を、加速したいのだ。

本稿未了…

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers