%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96%E3%81%AEDyn%E3%81%8C%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9Renesys%E3%82%92%E8%B2%B7%E5%8F%8E%E3%81%97%E3%81%A6%E7%B2%BE%E5%BA%A6%E5%90%91%E4%B8%8A%E3%81%B8

インターネットパフォーマンス最適化のDynがモニタリングサービスRenesysを買収して精度向上へ

2014-05-20_1538_001

DynDNSで有名なインターネットパフォーマンスサービスDynが今日(米国時間5/21)、インターネットとその上のクラウドサービスの状態をモニタして数値化/視覚化するサービスRenesysを買収した、と発表した。後者はインターネットのモニタリング情報のほかに、、マーケット情報なども提供しているが、一般によく知られているのは、いわゆる‘アラブの春’の時期にエジプト政府がインターネットを閉鎖したとき、残された唯一の情報源になったことだろう。最近ではトルコ政府がTwitterなどを規制したときにも、同社が関連情報を提供した。

2014-05-20_1540

Renesysでは、モニタマシンの全世界的なネットワークが常時動いていて、リアルタイムでルーティングやパフォーマンスに関する情報を提供している。企業ユーザはそれらのデータを見て、ネットワーク全体の状態を詳細に知ることができる(自分が利用しているクラウドサービスの状態だけでなく)。同社は世界中の300以上のISPと提携関係があり、Dynはそのネットワークから集められたデータを自己の遠隔測定データと組み合わせて利用する。それらのデータによりDynの顧客は、自分が利用しているCDNやクラウドやデータセンターなどの最適化の精度を上げることができる。

DynのCEO Jeremy Hitchcockは曰く、“Renesysの、グローバルであると同時に粒度の細かいモニタリングデータにより、うちはトラフィックとメッセージに関する意思決定を改良でき、顧客と彼らのオーディエンスとのあいだのネットワーキングの効率を上げることができる”。

Dynによると同社は、Renesysから得られる世界各地のインターネットパフォーマンス情報を、同社のトラフィック/メッセージ管理ソリューションに組み入れていく。たとえばDynの最新プロダクトであるPerformance Assuranceシリーズは、Renesysから得られるデータがその‘主原料’であり、Dynの従来の製品とは無関係に、単独で提供される。

今回の買収の目的は、Renesysのプロダクトだけではなく、人材獲得の目的もあった。Renesysの現在約40名の社員がこれからはDynの社員になり、そこにはCEOのAshton PeeryやファウンダのAndy T. Ogielskiも含まれる。彼らの職場は、ニューハンプシャー州HanoverにあるRenesysのオフィスだが、Dynの本社もニューハンプシャー州(Manchester)にあるので、いわば地元同士の買収劇だった。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。
kazuki himura
一事業人員を半減させる思い切り。ベストプラクティスの拡充では限界。どんどん新しくですね。
Ichiro Mizoguchi
今はまだ大したことできないようだけど、アプリのページには、「More features…