ROLI%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%AB%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E6%A5%BD%E5%99%A8Seaboard%E3%81%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BAA%E3%81%A7%2412.8M%E3%81%8C%E9%9B%86%E3%81%BE%E3%82%8B

ROLIのラジカルに新しいキーボード楽器SeaboardにシリーズAで$12.8Mが集まる

Seaboard GRANDは、まったく新しいタイプのキーボード楽器だ。柔らかいゴムでできたキーを、ギターの弦をベンドするときのようにベンドして音を作る。これまでのキーボード楽器とは、まるっきり違う。とりあえず、下のビデオを見ていただこう。

しかしこれほど変わった楽器は、通常なら投資の対象になりにくい。ところが今日(米国時間5/21)は、SeaboardのメーカーのROLIが、シリーズAで1280万ドル(760万ユーロ)を調達したのだ。このラウンドの幹事会社はBalderton Capital(LoveFilmとKobalt Music Groupにも投資)、これにFirstMark Capital(PinterestとShopifyに投資)、Index Ventures(SonosとSoundCloudに投資)、それに戦略的投資者としてUniversal Musicも投資している。音楽的に大きな将来性あり、ということか?

これは楽器会社への投資としては相当大きい方で、ROLIのファウンダでCEOのRoland Lambによると、その資金は、このキーボード楽器の需要に応えるための生産能力の拡大と、拡大のスピードアップに充てられる。

ROLIの今後の生産計画の中にある、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせから成る製品系列の中で、Seaboardはその初めての製品なのだ。だから、生産能力の整備拡充もこれからの課題となる。

同社はとりわけ、同社のサウンドエンジンEquatorの活用を考えている。このサウンドエンジンは、楽器はもとより、ありとあらゆる種類の3Dデバイスや機器類に組み込める。投資家が目をつけたのも、実はこっちの方だ。

ハーバードで中国古典文学とサンスクリット哲学を専攻したLambは、その後日本の禅寺で修行を積み、ジャズピアニストとして生活を支えた。彼がSeaboardを発明したのは、イギリスのRoyal College of Artで、Ron Aradの下でデザインを学んでいた2009年のことだ。下宿で作ったプロトタイプがエンジェル資金を獲得し、2012年にROLIを創業した。ROLIのチームは出だしの3名から今では33名になっている。

彼によるとSeaboardは、“マルチタッチで三次元の製品だが、まだ始まりにすぎない”。つまり、ROLIからは今後、いろんな製品が続々出てくる、ということだ。

BaldertonのDaniel WaterhouseはROLIについてこう言う: “ロンドンでは多様なスキルが、これまで類例のなかった形で融合することによって、次世代のテクノロジ企業が創りだされている。ROLIもその典型の一つだ”。こういう非常に独特な技術は、ほかのところでは生まれない、と彼は考えている。彼はたぶん、正しいのだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
紙の上では1+1は1より大ですが、この娑婆世界では1より大とは限りません。のび太が2人いてもジャイア…
Hitoshi Anatomi
傷・汚れ・湿り過ぎ・乾き過ぎなどで指紋を認証できなかったときにはどうするのでしょう。このことを考える…
xiaoqin9850
ステラ·マッカートニー影響でブランドコピーもサステナビリティ  ステラ?マッカートニーとは、ミラノ、…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers