ベッドのマットレスをディスラプトするCasperがついに製品発売にこぎつける

次の記事

「プログラミングは簡単に学べる」なんてことはない―女性CTOが体験からのアドバイス

今年の初めごろ取り上げたCasperは、Lerer Venturesが投資しているスタートアップで、ベッドのマットレスの作り方と売り方に革命をもたらす、と言っていた。その後同社は実際に最初の製品をローンチしたようなので、ニューヨークのNoho地区にある同社を訪れて、そのマットレスを自分で試してみようと思った。

上のビデオで、そのマットレスと、原料、荷姿などを目にすることができる(ぼくがそのベッドで本を読んでいるが、それはちょっとオカシナ光景かもしれない)。協同ファウンダでCEOのPhilip Krimによると、このベッドの“秘密の隠し味”は、形状記憶層の上にラテックスの層をのせて、両方の素材の利点を利用していることだ、という。

“自分のWebサイトから消費者に直販するので、中間コストや小売店のマージンが節約できる”、と彼は言う。“同じ素材を使ったベッドは3000ドルから4000ドルぐらいで売られているが、うちならどのサイズでも1000ドル以下だ”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在182人フォロワーがいます。