%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%A8%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%81%8C%E5%90%88%E4%BD%B5%E3%81%B8%E2%80%95%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%9C%80%E5%A4%A7%E7%B4%9A%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%8C%E8%AA%95%E7%94%9F

カカオとダウムが合併へ―韓国最大級のインターネット企業が誕生

今日(米国時間5/25)、Kakao CorpDaumは、株式交換によって両社が合併することを発表した。 これによって時価3.4兆ウォン(29億ドル)の企業が誕生する。Kakaoは韓国トップのメッセージ・サービスであるKakaoTalkの運営者で、Daumは韓国最大級のインターネット・ポータルだ。この合併手続きが完了して新会社が上場されるのは10月の予定だという。

Kakao/Daumは韓国でトップクラスのインターネット企業となる。この合併はライバルであるNaverに対抗するのに役立つだろう。 Naverは韓国最大のインターネット・ポートであり、爆発的に成長を続けているメッセージ・サービス、LINEを運営している。LINEは2015年中にユーザー10億人を達成することを目指している。今年の4月現在、Lineのユーザーは4億人、KakaoTalkは1億3000万人だっった。

KakaoとDaumの合併の前には、WhatsAppを190億ドルでFacebookが買収し、日本の巨大インターネット企業、楽天がViberを9億ドルで買収している。Wall Street Journalの2月の記事によると、 Kakaoは時価20億ドル相当での新規上場を計画していたという。

Daumは「この合併は両社のコア・ビジネスの基礎を確実なものとし、積極的な相乗作用をもたらすものと期待される」という声明を発表した。Daumにとってこの合併はモバイル事業の強化となり、Yahoo中国のBaiduもそうだが、ユーザーが急速にスマートフォン、タブレットに移行する中で、 Daumも有効なモバイル戦略を求めて苦闘してきた。

Kakaoにとってはすでに黒字化を達成しているとはいえ、モバイル・ゲーム・プラットフォーム以外の収入源が確保できることになる。Kakaoは最近、ニュースサービス音楽ストリーミング写真共有アプリPathに似たソーシャルネットワークなどを発表し、事業の多様化を図っていた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers